« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

2003年12月

2003年12月25日 (木)

ジングルベルは聴こえない

今日はクリスマスですね~。
バリ島も街の方へ行くと店頭にツリーが飾ってあるのをちらほら
見かけますが、一般家庭においてはジングルベルという雰囲気は
これぽっちもありません。
ついでに年の瀬ムードもなく、もちろんあわただしくもなく
ゆったり時間がながれております。

今朝も夫マデが私に向かって「ハッピーバレンタインデ~!」
などと自信満々に言ってきて
(そうよね、彼にとってはバレンタインデーもクリスマスも
似たようなものでどうでもいいんだろうね)と
なんだか私も年々盛り下がっています。
日本においてもあくまでもクリスマスは一イベントで
クリスチャンのように
厳かに過ごす方は少ないと思いますが
私にも幼い頃からのクリスマスの思い出があり
両親演じるサンタクロースが
枕もとにプレゼントを置いてくれたり、
家族でケーキを食べたりしてたので
どうしてもこの時期気分が高まるんですよね。

今日はクリスマスでもありますが
バリヒンズー教のウク歴でいうカジェンクリオン
といって悪い神様が力を発揮しやすい日でその力を静めるために
特別なお供え物をし、先程お祈りもしました。
イベントごとにとらわれず
自分の宗教を大事にするバリ人もこれまたすばらしいと思います。

けれど・・・
食べたいなクリスマスケーキ&ケンタッキーフライドチキン。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月18日 (木)

見かけによらずおいしいのです


(グロテスクでゴメンなさい、、
 田うなぎです。100匹はいるかな。)


珍しく朝からずっと降り続ける雨。
どこかに出掛ける予定がある時は雨はうっとうしいものですが
家でのんびりしている時は雨の音をききながら過ごすのも
心地よいものです。
特に毎日夏な南国では、
雨が降ると涼しい風が吹き、ついついテラスに出て
涼んでしまうほどです。

ただ夫マデは大の雷嫌い。
雷が鳴ると部屋中の窓を締め切り鍵まで掛ける程。
鍵を掛けてもあまり意味がないと思うのだけれどテラスで涼んでいる
私に向かって「危ない。ナオミも部屋の中に入って。」
と真剣に怒ります。
おもしろいなぁ~。

今、周りの田んぼでは田うなぎ採りのシーズンで
雨が降った後は土の中で眠っていた田うなぎが起きだしてきて
大収穫になるそうです。
この田うなぎインドネシア語ではブルッと言いますが
栄養があって結構高価なものだそうで、
売るために探している人も結構います。
見かけは御覧の通りグロテスクでエグイのですが
これがなかなかおいいしいんですよ~。
先日もコテージにご宿泊いただいたお客様が一緒に田うなぎ採りを
楽しまれました。
バリでは日常で楽しんでいる伝統的なことを外国から来られた
お客様と一緒に楽しむことはマデやスタッフにとっても
嬉しく思いで深いことのようです。
私・・・?もちろん食べるだけです。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月 8日 (月)

雨季もまたよし。

もう、雨季かな。。
朝は青空が広がるいいお天気、そして午後から空に雲がかかりだし
夕方から雨が降り出す、こういったパターンのお天気が続くウブドです。

雨季のいいところは何と言っても果物が豊富でおいしいこと!!
私の大好きなマンゴが市場やスーパーにどっさり売っていて
生で食べたり、ジュースにしたり、
シャーベットにしたりして楽しめる♪
そして、もうひとつ庭の水遣りをしなくて済むこと。
それに植物の成長が早くて
ホント驚きます。

そうそう先日近所のおじさんが家に遊びにきて、
夫マデとテラスでおしゃべり。
その時、おじさんがポケットからタバコを取り出そうとしたらタバコと
一緒に植物の種が一粒出てきました。正露丸みたいに黒くて
丸い種で大きさは
その5倍くらいかな。私が「何の種それ~?」と聞くと
そのおじさん「咲いてからのお楽しみ。」と言って
ポーンと庭に放り投げたのです。
そんなきちんと植えもしないで花が咲くのかナと思いながら
私もたいして気にもとめずに過ごしていました。
すると今朝庭の隅にきれいなピンク色の花が咲いていてびっくり。
あれはあの時のおじさんが捨てた(撒いた?)種だと思い出し
あまりのきれいさに写真を撮りました。
たまたま湿ったところに種が落ちたのが良かったのかも!!
ロータス(蓮)の花です。
あ~心が和みます。



| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »