« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004年9月13日 (月)

エリナ、成長しています。


(お守りになる装飾品をつけて・・
 ハデでしょ~)

今日は久し振りに雨が降り庭の草木が喜んでいるようです。。
乾季もそろそろ終盤を迎えようとしています。

いつの間にか娘のエリナも生後3ヶ月半になり
私も育児のペースがつかめてきたところです。
先日バリの生後3ヶ月の儀式があり、お守りにと腕輪や足輪、
ネックレスをつけ
それを生後6ヶ月まで身につけておくのだそうです。
この3ヶ月の儀式を終えると、晴れてエリナも外出できるので
親の私もやっと外にちょこちょこ出やすくなるので嬉しいです!

バリでは女の子(女性は)耳に皆ピアスの穴を開けています。
しかも赤ちゃんの時に開けるのです。
私はこんな小さな耳にピアスの穴を開けるのかと思うと
痛々しくてついつい開ける日を延ばしていたのですが
エリナを見る人、見る人が「あれっ、まだ開けていないの?感覚が鈍い
小さなうちに開けないと痛がってかわいそうだよ~。」と言われ
どうせ開けるならそれもそうだなと病院へ行きました。
エリナがものごころついた時に
「なんで女の子なのにピアスしてないの~?」と
周りの人に言われるのもなんだかかわいそうだし・・・

今はバリもピアッサーで開けるので一瞬にして終わり
エリナも「ウェ~ン」と数回泣いただけで後はケロッとしていました。
ん~、やはりなんだか女の子らしく見えるなぁ。

自分が日本で育ってきたため
エリナを育てていく上で文化の違いや、
育児の考え方でとまどうこともあり
自分についてなら我慢?妥協?できるけれど
エリナの育児についてはこれだけは譲れないないなんていうことも
でてきました。

きっと今からいろいろあるだろうけれど
マイペースでやっていこう。



| コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 7日 (火)

トランブランの看板お色直し


(看板のお色直し)

今年の夏はバリ島もたくさんの人で賑わいとても活気がありました。
トランブランコテージもありがたいことにお客様がずっと続き
皆大喜びでした。
スタッフもお客様がいない時の草刈よりも
お客様がいて会話や挨拶を交わしたりとお客様に関わりながら
お仕事をするときの方が断然生き生きとしています。
スタッフの中でもシャイなマデ(夫ではありません)は
昨日から日本語学校に通いはじめ意欲満々です。
きっと出会ったお客様ともっと会話を交わしたいという気持を
彼も持ち始めたのかな・・
「直美、これからは自分に日本語で話し掛けてくれ。」と
あの大人しいマデがとても積極的で
私は“母ちゃん、嬉しいよ~”という気分です。

さて、夫のマデの方はというと
今日はトランブランの看板のお色直しをしました。
もう2年も経ちこの暑い日差しの中でトレードマークの
「満月と赤いハイビスカス」がすっかり色あせてしまいました。
最初はこの看板は業者に頼んで描いてもらっていたのですが
見本まで渡したのにも関わらず出来上がりは
「ホットケーキとパンジー」と
言っても過言ではないほどすごい絵になっており
結局夫のマデが描き直したものです。
こういうウッソー!ということが日常茶飯事にバリではあるので
怒る気にもならなかったけど・・・
(まぁ、これくらいはかわいいもの・・・)

ところで夫マデは絵画で有名な村
バトゥアンというところで生まれて育ち
そのせいか絵を描くのが好きで時間のある時は
絵を描いたりしています。
自分の納得のいった作品ができると
TBコテージで販売させて頂いていますので(お安く)
ご趣味に合われた方はバリ島の思い出にどうぞお買い求め下さい!!



| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »