« パナスダラムの季節 | トップページ | ガルンガン&クニンガン&ニュピのお知らせ »

2005年1月30日 (日)

これさえあれば・・・


(左前・・・これが主役の唐辛子。辛いよ~。
 中央・・・ニンニク 割りと小粒
 右・・・シャローット。赤玉ねぎの小さいかんじで
    いい味出すんです、これが。)



国際結婚でとまどうことはいろいろあります。
それは宗教の違いだったり生活習慣の違いだったりしますが
まず戸惑ったのが食生活です。

元々私はそんなに料理大好きというわけではないし、
独身時代も凝った料理はあまり作ったことがありませんでした。
日本では気の合う仲間でよくキャンプをしていたのですが、
それぞれが何か料理を作ろう!といった時も
私は「板わさ」担当でした。(かまぼこにわさびを挟めるだけ・・)

そんな私がバリに来て
日本にいたときのように
あれこれたくさんの食材が手に入らない環境で
「今日は何を作ろうか~??」と考えるのがこれまた苦痛でした。
しかも食べる相手が食文化や味覚の違った夫だったし。
とにかく、バリには数え切れないくらいの
スパイスがあるんですよ~。

そこで、最低「ニンニク・シャローット・唐辛子」があれば
それらしい辛味料理になることを知り
ここぞとばかりにこれらの食材をスライスしては
炒め物や煮込みに入れていました。(芸がないでしょ、、)
バリ料理以外の肉じゃがやスパゲティを作った時は
夫の分は唐辛子を入れれば問題なし。(とうことにしています。)

日本に住んでいた時の私の親友は大の料理上手。
いつもおいしいものを私に作って食べさせてくれました。
毎日こんなおいしい料理を食べれていいなぁと
本当にその親友の旦那がうらやましかったっけ。
今でも帰国した時は豚の角煮や手の込んだお饅頭などを作って
迎えてくれます。(A子~元気か~?)
そして現在はご近所にRさんという、
これまた料理上手な方が住んでいて
結婚して毎日料理をせざるえなくなった切羽詰った私に
いろいろとバリ料理を教えてくれて、
今ではぼちぼちですがバリ料理を作れるようになりました。

神様はこんな私にいつも料理上手な人を(しかもズバ抜けて)
近くにおいてくださって感謝してます♪




« パナスダラムの季節 | トップページ | ガルンガン&クニンガン&ニュピのお知らせ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これさえあれば・・・:

« パナスダラムの季節 | トップページ | ガルンガン&クニンガン&ニュピのお知らせ »