« バビグリン | トップページ | これさえあれば・・・ »

2005年1月29日 (土)

パナスダラムの季節


(なんてことのないこの木の葉の茎の部分を折ると
 白い汁がでてくるのですが、それを口内炎につけると
 効くらしいです。試してみましたがヒョエ~!と頭の先から
 つま先まで電気が走ったようにしみました、、
 でも、心なしか痛みが和らいだような・・・)

1月といえば日本は寒さが厳しい頃ですね。
サクラの花が咲く季節になると
時折吹く生暖かい風にもう春だなぁなんて
風情を楽しむこともできますが
こちらバリ島は毎日が夏なので季節感もないし、
ちょっと日本の寒さが懐かしいです。

バリ島は1年の中でも1、2月はどよ~んとした暑さで
だいたいこの時期になると1年の暑さの疲れがでてきて
「パナスダラム」といった
症状があらわれる人が多いです。
「パナスダラム」とは体内に熱がこもって
どうにもこうにも体中が暑く感じます。
別に病気ではなく、単なる「のぼせ」みたいなものなので
バスタブに水を張って腰までつかり熱を逃がすと随分楽になります。

実際私も今パナスダラムで口内炎は2つもでき、だる~い感じです。
こういう時はコーヒーやラーメンなどの刺激物をとると
余計熱くなるそうです。
あ~明日もまた水につからなくては・・・





« バビグリン | トップページ | これさえあれば・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナスダラムの季節:

« バビグリン | トップページ | これさえあれば・・・ »