« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

果物争奪戦!?

日本帰国中は季節的なものあってか

マンゴ味の食品をよく目にしました。はやってたのかな~?

日本のスーパーなどでよく目にしたのは黄色や赤色の皮の

マンゴです。

バリのマンゴは皮が緑色のものが多く、種類も豊富です。

年中あるものではなく、8~9月と12~1月くらいに

よく出回ります。

こちらもでも結構高級フルーツな方で余程食べたい時でないと

買いません。

でもマンゴは大好きなので、バリに家を建てた時に

5本くらいマンゴの木を植えました。

それが昨年から実を付けるようになって、現在もなっています。

あと何日で熟れるかな~、ウフフ・・・

それが、夫マデやスタッフはマンゴが熟れる前にもぎ取り

実を薄く切り、唐辛子やテラシという調味料、黒砂糖を混ぜて

ソースをつくり、それにつけて食べるのが好きなので

(ルジャッという食べ方です。)、人がこれが熟れたら食べようと

目をつけていたマンゴをどんどんもぎ取っていきます。

こんなことをしたらセコイと思われるかな~とずっと遠慮してきたけれど

一向にマンゴちゃんが私の口に入らないので

マンゴの皮にマジックで「甘くなれ~、楽しみに待ってるよ

NAOMI」と書き込みました。

さすがにこのマンゴには誰にも手を出さずまだ木に

堂々とぶら下がっています。

Img_0107 Img_0105

(左:マンゴの花 小鳥に食べられなければ後に

マンゴの実がなります。

右:私の予約済みのマンゴの実)

現在バナナの実も庭にたわわに実っており

これも楽しみです。

さすがにバナナには何も書いていませんよ~。(笑)

Img_0110

(バリはバナナ天国。おいしそ~でしょ~)

| コメント (2)

2006年8月30日 (水)

老化現象~!

8月のバリは寒い。

家族皆次々と風邪を引き、ひとまわりしてやっと皆完治した所です。

20代は体が疲れてても気力で結構やってのけたのですが

悲しいかな30を過ぎるとあまり無理がきかなくなってきました。

ある日、首にできたホクロのようなものを発見。

バリでよく陽に当たるし仕方がないかぁと思っていたら

だんだん大きくなって、Tシャツの襟に擦れると痛いくらい。

なんだぁ、こりゃ?ホクロではないな~。もしかして変な病気かも~と

心配になってネットでいろいろ検索して調べてみると

ただの「イボ」でした。

しかも、ショックなことにこれは老化現象らしい。

何でもよく陽に当たる人がなるとか・・・・

日本だったら皮膚科や整形外科でメスで簡単に取ってくれるらしいですが

(しかも保険がきくそう)

いったいバリではどういう処置をしてくれるのかな~。

「あっ、失敗しちゃった。アハハ。ティダ アパアパ(大丈夫よ~)」

なんて言われそう・・(バリのお医者様ゴメンナサイ、、)

とりあえず服に擦れて痛いので、日本から持ってきた子供用の

ムヒパッチ(蚊に刺された後、掻き壊さないように患部に貼るテープ)

を数日イボの上に貼っていました。

それで今日テープの貼り替えをしようと、はずしたところ

なんとイボが一緒にくっついてきました。

見事にキレイに取れ、なっとラッキーなこと。

老化現象がはがれたゾ~。

あ~、良かった、良かった。

Seken

(ママの洗顔を真似してエリナも洗顔。

ツヤツヤ張りのある、エリナの肌がうらやまし~わ~)

| コメント (3)

2006年8月18日 (金)

皆ガンタン(かっこよく)になりました。

817日はインドネシアの独立記念日で

街中、国旗の赤と白の旗がなびき、地元の人だけでなく

ハイシーズンで観光客の方々も多くウブドはごったがえしていました。

TBコテージには私の地元福岡で10年程お世話になっている

ciel」の美容師の石村さんご夫妻が来てくださいました。

先日の里帰りのときも、「ciel」でお世話になりカットやパーマを

して頂きました。癖毛の強い私の髪をうまくカットしてくれるし

石村さんご夫妻もとても親しみの持てる方なのでずっと石村さんに

お願いしています。

今回の里帰りではバリでひとり留守番だったマデの髪を石村さんが

カットしてくださるつもりで、わざわざ日本からカット用の

ハサミまで持って来て下さっていました。

ありがたくお言葉に甘えてして頂きました。

それをうらやましそうにしていたスタッフのマデ・マンクーや

アレンの髪まで切ってくださることになり皆大喜びです。

Kami1 Kami2

(かっこよくしてね~!と注文するマデ、石村さんも真剣)

Kami4

(最近オシャレに目覚めたマデマンクーもお願いすることに)

Kami3

(奥様のゆかりさんに眉毛のお手入れまでしていただきました。)

Kami5

(パパ似で眉太のエリナも将来は眉毛のお手入れをしなきゃね)

夜は石村さんご夫妻とウブドのWarung Tamanに行き

皆でお食事。食べ終えて「あっ、写真を撮るの忘れた!」と

気づきましたがすでに遅し・・・

私のお気に入りメニューは「サポ・タフ」という豆腐のスープと

「カンクン・ゴレン」という空芯菜の炒め物

「イカンゴレン・トウチョ」という淡水魚のフライです。

Kami6

(おいしかったね~。満腹、満腹!)

バリに戻ってきたらダイエットと思っていましたが

当分できそもないです。(ってやる気ないのかも・・・)

| コメント (2)

2006年8月14日 (月)

こんなこともありか~♪

バリにいる時は日本料理が恋しくなり

日本にいる時はバリ料理が恋しくなるものです。

日本からバリへ戻ってからこの1週間、やけに刺激的なものが

食べたくて、バリ料理にサンバルをガンガンかけて食べていたら

口内炎が2つもできてしまいました。

それでもまだバリ料理に飽きていません。

先日はお付き合いの長いひろみさんの来コテージで一緒に夕食を

とりに行きました。

前から気になっていたウブドのプンゴセカンにあるインドカレー店

です。プラマ社(シャトルバス)の道路を挟んで向かい側にあります。

外出するにあたって、夫マデから子供のどちらかひとりを一緒に連れて行って

くれと宣告されたので、まだうろちょろしない8ヶ月の次女の

きららの方を私は選択しました。(笑)

それでお店の中に入ったとたん、

「いらっしゃいませ」もろくに言わずにお店の奥のほうから

どどどっと2、3人の女性のスタッフがあらわれ

私に抱っこされているきららをもぎとるように抱っこしてくれて

「きゃ~、かわいい、あはは。ここのスタッフは皆小さい子が

大好きなのよ~。心配しないで、この子を見ててあげるから」と言って

さっさっと奥のほうにきららを連れて行き皆であやしてくれました。

「えっ、君たち仕事をしなくていいのかい?」と

一瞬呆然となりましたが、調子の良い私は

「ええ~、いいの~。私は手放しで食事を楽しめるのね~。」と

持参していたきららのおもちゃやお茶などもお店のスタッフに預け

ゆっくり食事を楽しめました。

バリの人って本当に子供をよくかわいがる。

スーパーに行っても同じように店員が抱っこしてくれたりするのは

よくあることです。

もちろん責任感を持ってあやしてくれたり、遊んでくれたりしている

訳ではないので必ず目の行き届く範囲でないといけませんが・・・

最近バリでもスタッフ教育がばっちりで日本と変わらないほどの

サービスを受けられるレストランも多くなりましたが

こうやってちょっと人間臭さというかバリ人らしい

(えっ、そんなこともあり?みたいな)一面が

のぞけるお店に入るのも旅をする楽しみの一つではないかなと思います。

肝心のメニューですが

Kare1 Kare2

(左:カレーやナン、サモサにサラダにつけるソース

 右:タンドリーチキンとフィッシュカレー

   カレーは辛さを選べます。おいしかったですよ。

Kare3 Kare4

(左:プレーンナンとチーズナン、これが今日のヒット!

 右:サモサ、えっいなりずし?と笑ってしまいました。

 味は普通です。)

Kare5

(グリーンサラダ。ひろみさんと爆笑。

 というのも野菜をそのまま大ざっぱに輪切りにして

 ドンとお皿に盛っただけ。ん~、ダイナミック。)

お客さんがだんだん増えてきたので、スタッフたちも忙しくなり

きららは私の元に返却されましたが

ほとんどお店のスタッフがきららをお守りしてくれたおかげで

ひろみさんともゆっくり話すことができました。

Kare6

(左:ひろみさん

 右:誰?この日本帰り太りの人?)

ひろみさんとは足つぼマッサージやさんで席が隣り合わせになってからの

お付き合い。同年代ならではの話に花が咲き楽しい夜を過ごしました。

| コメント (3)

2006年8月10日 (木)

ただいま~!!

お久し振りでございます。

まずはトランブランコテージからのお知らせからさせて頂きます。

ここ数年、いろいろなことがあるインドネシア。

テロ・津波・地震・洪水、、、

バリ島への観光客の足へも少なからず影響を受けています。

そういった状況の中、バリ島へおいでくださる方々に

感謝の気持ちを込めて、「バリ島元気復活キャンペーン」と題して

トランブランコテージの宿泊料金を50%(半額)にてご提供させて

頂こうと思います。

皆様どうぞご利用くださいませ。

期限はトランブランスタッフが「よし!」と思えるまでしばらく

続けていこうと思います。

皆様、日本滞在中1度もトランブラン便りを更新せず

気が付くとバリに戻ってきてしまいました。

(とぼけるな~。と自分で突っ込む。)

でも、久し振りの里帰り本当に楽しかったです。

家族に会い、友人に会い

おいしいものを食べまくり(おかげで5キロ増、怖~)

チャイルドシートに子供たちを乗せて行きたい所にも

行ったし、思い残すことのない3ヶ月でした。

さぁ、今日からまた気持ちを新たに頑張ります。

久し振りにバリ島へ戻り、まず今の日本の夏に比べてなんと涼しい事よ。

快適~。バリの8月は心地よく最高の季節です。

そして空港の到着ロビーには久々に見る濃い顔のバリ人たち。

おっ、その中に夫マデがいた。

(あれ~、マデってこんなに濃い顔してたっけ~)などとのん気なことを

考えていた私をよそに、エリナやきららに飛びつくマデ。

そうだよな、3ヶ月も一人で留守番してくれていたんだもんな。

ありがとう、マデ。

まずはナシチャンプルとバビグリンが食べたい。

は~、5キロ太ってまたこんなこと言ってる。

明日からダイエットじゃ~~。

    日本滞在中の思い出の写真を少しずつ載せていきます。

Iku

日本へ出発の日。夫マデの実家の家族が総出でお見送りしてくれました。

「3ヶ月も会えないなんて。」と目頭を押さえて泣くメメ(義母)に

思わず私ももらい泣き。寂しいけれどやはり嬉しい日本への里帰り。

| コメント (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »