« 思い出は励みにもなる | トップページ | バタン・ワル »

2006年10月18日 (水)

コラーッ!

ここ最近は朝晩冷えると言うこともなくなってきて

いよいよ雨季もそこまで来たか~と感じます。

雨季にバリ島へ観光に来られる方、日本の梅雨のように

だらだら1日中雨が降ると言う事はめったにありませんので

ご心配なさらずに。

折りたたみ傘を持参されると便利です。

ただ、時として傘をさしている意味のないほどのスコールが

降りますが、それも雨宿りしながら眺めると美しい光景です。

今日できららは丁度生後11ヶ月になりました。

ついこの間までお人形のようにじっとしてお乳ばかり吸っていたのに

今ではハイハイでいろいろな所を這いずり回り手当たりしだい

物を口に入れ、目が離せなくなってきました。

エリナが遊んでいるおもちゃを横取りして、エリナの方が

泣かされています。

こりゃ妹の方が度胸据わってるわ。
Nakal Nakal2 Nakal03
(嫌がるエリナのパンツをめくり続けるきらら。

 パパに泣いて助けを求めるエリナ。
きららはだんだんナカール(いたずらっ子)顔になってきました。)

エリナの方も目が離せない。

今日もせっかくマンディ(お風呂)したのに

私のバックから口紅出してなんだかコソコソやっている。
「しまった」と思ったけれど

時すでに遅しですごいことになっていました。

Nakal3 Nakal4 Nakal5
(ナカール3連発!口紅を塗っておそろしい顔に。

 ママに取り上げられて泣いてます。)

たまに「いい加減にして~!」と叫びたくなりますが

(いや、叫んでいるかっ、)手をかけさせてくれるのも今のうちかと

思い直し日々奮闘中です。

バリは子供にとっても恵まれた環境だと思います。

まぁ、それも親の受け止め方しだいなのかな。

物質的(おもちゃ、ゲーム)には日本のように恵まれてもいないし

子供のための遊園施設も少ない。

その代わりにバリは自然はいっぱいあるし、

自分で創り出せるおもちゃはそこらじゅうに転がっています。

また子供を受け入れる、大切にする社会なので

周りの人々が本当によくかわいがってくれます。

とは言うものの

日本にいたらあんな所に連れて行ってあげたのに

こういう経験をさせてあげれるのにと思うときも正直あります。

医療面や教育面に不安をかんじることもあります。

でも、親の価値観だけで子供の方向性を決めてもいけないし

私としては常に子供が選択できるチャンスや環境を
整えてあげれたらと思います。

エリナときららが

父の生まれた島バリと

母の生まれた国日本、どちらも誇りに思ってくれたら嬉しい。

そのためには私とマデがお互いの国やその文化を

尊重しあわないといけませんね。

あっ、ものすごくいっちょ前のことを書いていますが

ついグチっぽく「バリはだから~なんだよ~。」と言ってしまいそうになり

ハッとさせられる私です。

子供の前では絶対言ってはいけない言葉です。反省、反省、

« 思い出は励みにもなる | トップページ | バタン・ワル »

コメント

キララちゃん、さすがエリナちゃんの妹!
ベティーちゃんみたいだった顔だちがだんだんナカール顔に変わってきましたもん(笑)
でも二人とものびのび育っていて本当にカワイイですね。

バリと日本のいい所をぶつけ合って、尊重し合って、また違う何かを生み出せるといいですね。

「子どもには土があって、緑があって、花があって、太陽があることが大切なんだ」とバリ関連の本に書いていました。
日本では少なくなってきた自然がバリには沢山残っているのもバリの魅力の一つですね(笑)

投稿: hiromi | 2006年10月18日 (水) 10時25分

Ken ken kabare?
Erina dan Kirara sudah besar ya !!!
Kalau saya lihat Terang Bulan cottages,saya juga ingin cepat-cepat pulang ke BALI.
Made san to made mangku ni yoroshiku....!!
Tolong made mangkunya suruh pelihara jenggot,biar sekalian jadi balian sajalah!!

投稿: Kadek | 2006年10月18日 (水) 11時06分

>ひろみさん
自然の中で育ったバリ人は
大人になっても自然体。
羨ましい時があります。
日本で育った私たちは自然体でいるのは
簡単そうで、難しい。
でも何故かバリに来ると自然体でいられる、
だからバリに惹きつけられるのでしょうね。
ちょとしたニセ詩人ナオミより

>suksema kabar baik!saya made.
sudah dekat hariraya galungan
payu mulih?
ajake bikin lawar sama -sama.

kadek sudah 1tahun di jepang ya.
pasti seperti orang jepang !!
(jadi putih)
kalau pulang ke bali
sama-sama makan babi gulimg ya!
yuga BAGUS !

投稿: naomi | 2006年10月18日 (水) 23時59分

アレレ?!…きららちゃんたら!(爆)
GWの頃は、なおみさんと『きららちゃんはエリナちゃんとは対照的におとなしいかもね~』
なんて話してたけど、これはこれは…今度2人に会うの楽しみだわ~(ニヤニヤ)

それにしても…子供の成長って速い!!
来週の水曜、久美&カデ家にまたまたお邪魔する予定です。
今のうちにユーガ君もいっぱい抱っこしとかねばっ!

投稿: kanako | 2006年10月19日 (木) 20時53分

>かなこさん
きっとビックリですよ。
あのおとなしかった5,6ヶ月のことを
考えたら、まさに大逆転という感じです。

くみ&カデ家に遊びに行かれるんですね。
いいなぁ~。
くみちゃん、ブログで報告してね。

投稿: naomi | 2006年10月19日 (木) 22時45分

はぁ~い、Kakak Naomi。
加奈子さんが来週いらっしゃるのでまたまたブログで報告しま~す。

直美さんも一緒だったらいいな~。

バリで実現しないかなー、この願い。

投稿: くみ | 2006年10月20日 (金) 08時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« 思い出は励みにもなる | トップページ | バタン・ワル »