« 定番だけどやはりイイ! | トップページ | 家族でおでかけ! »

2006年10月10日 (火)

忘れてしまっていた感動

結婚したばかりの頃

自然に満ち溢れているここバリ島ウブドのあらゆる景色に

感動していた私。

青い空、カンカンに輝く太陽に照らされて咲き乱れるトロピカルな花々、

真っ赤な夕日を浴びてシルエットに浮かび上がるヤシの木、

落ちてきそうなくらい近くに感じるたくさんの星、

それはそれは涙がでそうになるくらい私を感動させてくれたものです。

夫マデにも「なんてきれいなんだろうね。」と

結婚当初まだラブラブでちょっとロマンティックもあっていいんじゃないって

いう頃に私がそう言うと

マデは「小さい頃から毎日見てる景色だから感動と言うかなんいうか

当たり前の景色だしなぁ・・・。」と答えました。

内心「なんじゃ~、美しいものに感動する心はないんかい。」と

思ったのを覚えています。

そんな私もここに住み始めて5年。

だんだんこれらが当たり前の景色になってきました。

しかも育児や家事に追われて景色に感動する余裕がない。

でも、最近ふっと思ったのです。

育児や家事に追われていることを理由にいろいろと諦めていたら

いかんと。

子供が小さいと、できないこともそりゃあるだろうけれど、

できることもあるかもしれない。

いつもチャンスがあればこうしたい、ああしたいと想っていたり

心がけていたりしていたらできる機会が来た時にすぐ行動をおこせるではないか!と。

じゃぁ、まず簡単なことから

自分が好きなバリの風景を見てみよう。ちょっと感動したい。

遠くへは行けないから、TBコテージのお庭内で。

Suki4 Suki
(ブーゲンビリアの花やパパイヤの木)

Suki5 Suki1
(左:TBコテージも良く見れば絵になるなぁ。

 右:隣の田んぼには牛が遊びに来てたよ。)

ああ、こんな身近に私の好きな風景があるじゃない。

いつも通る道なのに、真っ直ぐ向いて歩いてばかりで

最近目にも留めてなかったな。

その気になればこんなこと10分間でできるのにね。

自分の捉え方や心がけしだいで、

いつもの風景がこんなにも違って見えるんだな。

私は下から空を仰ぐ風景が大好き。

Suki2

(下からヤシの木を仰ぐとなんだかものすごくいい気が

 全身を駆け巡るような気分になります。)

気が付いていないだけで

忘れてしまっていた感動が実は身近にまだまだあるかもしれないな。

« 定番だけどやはりイイ! | トップページ | 家族でおでかけ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。