« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

ハリラヤ・ガルンガン

29日はハリラヤガルンガンでした。

それぞれの家の前にはペンジョールが掲げられ

人々はバリの正装を着て、村中のお寺でスンバヤンが行われ

それはそれは村中が賑わっています。

行事としては日本で言う迎え盆にあたるそうですが

雰囲気的には日本のお正月のようです。

娘のエリナも朝からバリの正装を着てルンルンです。

早くお寺に行こうと騒いでいます。

サンガもお化粧をして
Ga4_2

プランキランにもお飾りを。
Ga2_2 Ga3_2
(ラマッというお飾り。ヤシの葉で作ったもの。
 白いつまよう枝のようなものがスマッ)

そうそう、先日ンボッ(義姉)と一緒にバンタンを作った時のこと。

バンタンとはお供えもののことで通常ヤシの葉をスマッという

乾いた竹を裂いてできた細~い棒で留めながら作っていくのですが
このスマッで留めていく作業が、慣れるまでは結構難しいのです。

力を入れすぎるとスマッは折れるし、葉っぱは破けるしで

私はどれだけのバンタンを無駄にした事か・・・

それで先日ンボッ(義姉)が私と自分に持ってきたのはホッチキスでした。

ンボッは「これが簡単よ。早いし、手も痛くならないでしょ~。」と

笑顔で言いました。

確かに、確かにそうだけど、いいのかな~?と私はメメ(義母)が

何と言うか気になりながらちょっとソワソワ。

メメは村でもかなり上手な(難しい伝統的なバンタンが作れるらしい。

バンタンの種類は数え切れないほどあります。)バンタン作りの

先生的存在でメメにはバンタンに対するポリシーがあるのではと

私はちょっと躊躇していました。

ンボッは最近仕事をはじめ、やはり家庭の中でおさまっていた時よりも

ちょっとオシャレにもなったし何よりとても生き生きしています。

私はとても良いことだと思います。

こうやってバリでも結婚しても働く女性は少しずつ増えていくだろうし

それに伴い生活レベルも少しずつ上がるでしょう。

外で働くと言う事により、家にいる時間が減るので要領よくやることや

便利なものがあればそれを使う、そうなるのは自然なこと。

バンタン作りにホッチキスがでてきたのもそういうことかなと

思いました。

まぁ、今の日本の便利で迅速な多くの商品やシステムに比べたら

かわいいものですよね。(笑)

矛盾してますが、バンタン作りにホッチキスを使うのは

私にとっては味気なく違和感がありますが

そんなことまだまだ半人前の私がとやかく言うことではないので

黙っていました。

ところがそのホッチキス、2つとも壊れてて使い物になりませんでした。

はっ、はっ、はっ、それでこそバリらしい。なぜかホッとする。

必要な備品の点検とか準備とかしないもんね~。

ここ最近便利で快適になっていくバリを嬉しいと思う気持ちと

いつまでも素朴で変わらないバリであってほしいと思う気持ちが

複雑だけど両方あります。

バリ島がお好きな皆様もそんな何とも言えない気持ちに

なったことありませんか?

それでは スラマッ ハリラヤ ガルンガン !!
Ga1_2

| コメント (7)

2006年11月26日 (日)

やっと完成!

約1年かけて作った夫の実家のバレ・ダンギナン(Bale Danginan

の新築工事がやっと終わりました。
Bale1_1

このバレ・ダンギナンというのは

本家には必ずある建物で、その家の祭礼行事は全てここで

とり行われます。

生後3ヶ月の儀式、ポトンギギ、結婚式、etcでなくてはならない

重要な場所なのです。

バリ人が家を建てるとき、多くの人はお金が貯まったら瓦を買い、

またしばらくしてお金が貯まったら次はタイルを買いと

何年かかけて建築の材料を買い揃え備えておきます。

今回、うちも3年ほどかけて、皆でゆっくり材料を揃えました。

村やその家庭の状況によっても違いますが

一般的にバリでは末っ子の男の子が跡取になります。

我が家も夫マデの末弟のクトゥが、このバレダンギン建築を

中心になって頑張っていました。

そして、義兄のワヤンと夫マデは彫刻ができるので

2人で力を合わせてバレ・ダンギナンの壁に彫刻をしました。

スゴイナ~。
Bale2

もうすぐここで次女きららのオトナンの儀式をします。

    オトナン*バリの暦で言う誕生日のようなもの

そしてきららは1歳にして尼さんになるのだ~!

(丸坊主の事)いくら伝統行事とはいえトホホ・・・

| コメント (6)

2006年11月24日 (金)

お世話になりました。

今日、5年間私たちの生活の一部として頑張ってくれた

愛車を手離しました。
Mobil1

結婚してはじめて、夫マデと2人で買った買い物がこの車。

毎月のローンを必死になって返した涙の結晶(ハイ、また大げさ)です。

しかしながら、すでに私たちの手元に来た時は

5年ものの中古だったので現在で10年もの。

お客様を乗せてご案内するには、ちょっと不都合な点も出てきました。

驚きなのが10年ものの私たちの愛車は

購入した時の70%の値段で買い取ってくれる人が表れ

その人はうちの車を気に入ってくださり、

今後も大切に乗ってくれそうだったので交渉が成立しました。

日本だったら考えられないですよね。

私がバリへ発つ前に日本で9年使った愛車を売ってきたのですが

わずか4万円。それでも良い方だと言われました。

バリでは(特にトヨタのキジャンは人気)

車を大切に使えばまたそれなりの値段で売る事ができます。

何はともあれ、売れてホッとしたのですが

手離した時はちょっと寂しかったです。
Mobil2
(どうもありがとう♪お世話になりました。)

と同時に新しい車を検討中。

TBコテージのお客様、お車チャーターのお客様

どうぞお楽しみに~♪

| コメント (11)

2006年11月21日 (火)

なにげない日常

11月29日はハリラヤガルンガン。

バリヒンズー教の女性たちはそのためのバンタン(お供え物)

をそろそろ作り始める時期です。

一応こんな私でもバリヒンズー教の女性の一人なので

夫の実家であるバトゥアンにお手伝いに行って参りました。

手伝いにならない手伝いでも

いつもメメ(義母)が「ikut (一緒に参加しよう)という気持ちが

大事なんだよ。」と言ってくれます。

それでも、少しずつですが私なりに上達して

以前よりは役に立っているのではないかな~。(と勝手に自分で

思っています。)

庭では子供たちが裸足になって

笑いながら走り回り、それを見ながら

メメとンボッ(義姉)と私で一緒にコピ(コーヒー)をすすって

バンタンを作る。

以前はエリナが裸足で遊んでいると鶏の糞を踏みはしないか

気になっていたのですが

まぁ、踏んだとしても部屋に入る前や食事をする前に

きれいに洗えばいいわけだし

汗をいっぱいかきながら、泥んこになって遊ぶエリナたちを見て

これが本来の子供の姿なんだろうなぁと思うようになり

バリの子供たちのたくましささえ感じます。

途中どこからともなくバポゥ(義父)がやってきて

庭にたわわになっているマンゴの実を採ってくれました。

マンゴの木がとても高いので、竹の先に小刀をつけて実を落とします。

Mango1 Mango2

マンゴが落ちるたびに子供たちが大喜び。

マンゴ好きの私もついでに大喜び。

マンゴの皮を向いて皆でほお張る。
Mango3
(マンゴ待機中の子供たち。

皆カメラ目線なのにエリナだけ落ちてくる

マンゴに釘付け)

なにげない日常。

でも、とっても大切なもので実は幸せな事。

なにげない日常の幸せって失った時に気付くことが多いので

私もなるべく日常のなにげない幸せをかみしめ、

感謝しながら過ごしていきたいと思っています。

| コメント (7)

2006年11月19日 (日)

3つの嬉しい出来事♪

嬉しい事が3つありました。

まず、一つ。

ここ最近ブログを通して出会いが広がり私もおおいに刺激を受けている事。

先日はよくブログにコメントを下さるタンポポさんが来宅して下さいました。

ネット上では文章から見た想像しかできませんが

タンポポさんは文章からそのまま飛び出して来られた様な方で

おもしろいのはもちろんのこと、温かい雰囲気で親しみやすく

初めてお会いした気がせず、いろいろお話できました。

娘のエリナがタンポポさんを気に入ってしまい、

何冊も絵本をタンポポさんのところに持っていっては「読んで」と

せがんでいました。

タンポポさんは植物だけでなく、子供の扱いもアッパレでした。(笑)
Tanpopo1
Tanpopo2_2
(また来てね!タンポポおにいちゃん♪)

    

そして2つめ。

16日は私とマデの5回目の結婚記念日でした。

「お~、もう5年も経ったんだ~。」とお互いびっくり。

初めて出会ってから約10年。

うひょ~、そんなに一緒にいたっけ??

でも、そう感じないってことはお互いまだ飽き飽きしてないから

いいって事だよねと変に感心してしまいました。

結婚当初は「私、こんなんならもう日本へ帰ります。」と

毎日のように言っていました。

生活習慣の違い、宗教の違い、寂しさ、不安、いろいろな気持ちが

バリやマデへの反発心となっていた時期でもありました。

頭でっかち生意気女房の私に逆切れもせずによく耐えてくれたね、マデ。

そしてこの地に私を受け入れてくださったバリの神様にも

感謝したいです。

3つめ。

17日は次女きららの誕生日でした。

1年経つのは早いです。

自分の体の中からこの物体を産んだのかと思うと

改めて不思議です。(笑)

2人の娘から「ママ~、お水~」「おしっこ~」「抱っこ~」

「こぼれた~」「取って~」etc×100など

「私はまるで召使ね。」と思いたくなる程こき使われていますが

歯を食いしばって頑張っています。(大げさ~)

母からメールできららのお祝いと共に

私にへも「あなたの1年間の奮闘努力に敬意を表します」

なんて書いてくれて結構ホロッときました。

きららの誕生日に私のことまで讃えてくれるのは

親だからこその思いやりだと思います。

遠く離れていると、こういう優しい言葉にすぐ涙がにじんでしまいます。
1000033_img  Bd4
(1年前のきららがこうなりました。
 
ケーキのクリームを口の周りにつけて鼻の穴にはチェリーが 

 詰まっています。)

人の優しさや思いやりが胸に響く3つの嬉しい出来事でした。

| コメント (8)

2006年11月15日 (水)

イカン・ペペス

バリで長期滞在を始めたばかりの頃

毎日のように大好きなインドネシア料理を食べていたら

辛いもの続きで胃が荒れたのか、口内炎がナント一気に7個も

できて、痛いのなんのって、、

その時は、何を食べてもしみて、泣きながら食べてたっけな。

インドネシア料理は辛さの中に甘みがあるので

「う~、辛いけれどおいしくてやめられない。」って感じで

ついつい食べちゃうのです。

ここのところ雨季で夏ばて状態なので

今日も辛ウマ料理でピリッといきました。

さてさて、これは何でしょう?
Pepes1

バナナの葉の中に包まれているものは・・・・
Pepesu2

おっと同色でちょっと分かりにくいですね。


じゃぁ、これは・・・・
Pepesu3

中はお魚です。

イカン・ペペスという料理で

魚にスパイスをたっぷりつけてくるみ、蒸してから

火で炙ります。

これぞまさに辛ウマです。

私は鼻の下に汗をたっぷりかきながら食べましたが

夫マデは普通に食べていました。

よ~し!

辛うま料理で雨季の暑さを乗り切るぞ~!

| コメント (4)

ざっと1年分!

ここのところ迷惑メールが多くて削除するだけで

疲れます、、

最近でこそ1日何十通も来るので「あっ、これ迷惑メールだ!」と

すぐに分かりますが

以前はたま~にポツポツ来る程度だったので

「先日は楽しかったです!」みたいなまぎらわしいタイトルで

内容もこの前は楽しかったね。また会えるかな。

メール待っています。みたいのが届くと

私は「この人送る相手を間違ってるわ。知らせなきゃ。」

「わたくしウブドに住んでおりますナオミと申します。

どうも送り相手を間違っているようですよ。ご確認下さい。」

などとバカ丁寧に返信までしていたんです。(電話代返せ~!)

ほんとに、もうっ。

さて、話は変わりますが

先日バリで知り合ったUさん(ご夫妻)が自宅に訪問してくれました。

しかも、新婚!!

いいな~、いいな~、おめでとうございます。

どうぞお幸せに・・・・

もう、何度もここで言っていますが、貴重なバリ滞在時間を割いて

こんな田んぼの中に住む私たちに会いに来てくださることが

本当に嬉しいのです。

そこで母ちゃんは庭になった(隣のおじさんとこの)

レモングラスをUさんにたくさんお土産で持たせました。

Uさんはレモングラスを使った料理が大好きなんです。
Guras1
(こんなにあげてどうするの~!!

ざっと1年分はあるかな。Uさん冷凍して使ってね。)

バリを通して出会えた縁を大切にしていきたいです。

あっ、そろそろタンポポさんが来ウブドかしら・・・?

お会いできるかな~。楽しみ。

| コメント (2)

2006年11月11日 (土)

ポークチョップ!

ギャニャールへ行った日の夜は

ウブドのモンキーフォレスト通りにある「Bali Pest」という

レストランでご飯を食べました。

Pest2
(広い敷地の割には座席数が少なく贅沢な空間を
とっています。落ち着いてゆっくり食べれるのがイイ。)

ここは

インドネシア料理をはじめ西洋料理もあり

味もなかなかです。(メニューにもよりますが・・・)

この日は

Pest1
(ポークチョップ!お肉も柔らかくボリュームたっぷり。
サイドのマッシュポテトやカンクンの炒め物もおいしかったです。)

今日はきららも連れて行きました。

Pest3
(たまには私もおいしい思いしたいです。)

| コメント (0)

2006年11月10日 (金)

バリのオシャレ

先日、Nちゃんがサロンを購入したいとの事で

ウブドから車で20分ほど走ったギャニャールというところに

一緒に行ってきました。

ギャニャールの市場の中や、入り口付近には

クバヤ(バリヒンズー教の女性が身につける正装)生地や

サロンを売っているお店が立ち並んでいます。

私などはケチって、ついつい安めのサロンを買ってしまいますが

バリの特に若い女性は、結構奮発して上等のサロンを身につけています。

オダラン(お寺の祭礼行事)などに行くと「うわぁ~、これステキ!

どこで買ったの~。」というものを身につけていてビックリです。

オダランでのお祈り中はもちろん神聖な場で厳粛な雰囲気ですが

お祈り後、若い子達にとっては出会いのチャンスの場でもあり、

実際オダランの時に出会ったというカップルは結構多いのです。

そのためだけではありませんが、オダランはオシャレを披露するのに

良い場でもあります。

一見バリの正装は皆同じスタイルに見えますが

これまた時代と共にデザインも変わっていて

若い子達は最先端をいっています。

どうも、最近襟付きのクバヤがはやりだしたようです。
Gya0
(子供用のクバヤは既製品が多いです。
エリナが着ているクバヤのデザインは

子供やお年寄りが着るならOKですが、

大人が着るともうイケてない古いデザインだそうです。)

で、話は戻ってNちゃんと行ったお店は

BALI  BUSANA」(TEL:943142)というところで

ギャニャール市場の正面入り口付近にあります。

最初からそんなに高い値段では言ってきませんが

もちろん割り引きOKです。
Gya1
(クバヤの生地)


Gya3
(サロン)

そこのオーナーのPAULさんが、これまたおもしろい人で

よくしゃべる。

このおしゃべりにつきあったNちゃんは

PAULさんに希望の値段まで、まけてもらっていました。
Gya2

インドネシア語を勉強中の方にはもってこいのオジサマです。

買い物も終わり

せっかく市場まで来たのでバリの生菓子を買って帰りました。

できたてで、どれもおいしそう。

ココナッツやグラメラ(黒砂糖)をふんだんに使ったお菓子が

いっぱいです。
Gya4

どれも1パックRP1,000(13円)です。

ウブドからはちょっとはずれていますが

ギャニャールの散策もおもしろいですよ。

| コメント (2)

2006年11月 7日 (火)

テンペを食べよう!

バリの食卓によくのぼるのがコレ!

Ten1 

テンペです。

大豆からできていてバリの納豆などとよく言われていますが

やはり納豆とはちょっと味がちがいます。

普通はテンペを薄くスライスして素揚げにし(バリ人はカリカリ揚げが

好きなので2度揚げします。)トマトサンバルにからめて

炒めたり、サンバルにつけて食べたり

こちらの調味料で煮込んだりしています。

このテンペは日本でもデパートやちょっと大きなスーパーに行くと

割と簡単に手に入ると聞きました。

大豆製品だしイソフラボンが多く含まれるこのテンペは

とても体に良い食品です。

でも、日本ではなかなかサンバルなどは家では作れませんよね。

そこで今日は日本でも簡単に作れるレシピをご紹介します。

TBコテージのお客様であるNちゃんに

テンペ変わりメニューを試食して頂きました。

(テンペの天ぷら)
Ten3_1

テンペを薄くスライスし1度軽く揚げる。

それから衣にくぐらせもう1度揚げる。

衣は普通の天ぷらと同じような作り方でOKですが

衣ににすったニンニクを1かけと顆粒コンソメ、刻みネギを

混ぜ込むとさらにおいしい。

(テンペカレー)
Ten4

出来上がる直前のカレーに薄くスライスして揚げたテンペを

混ぜて煮込むだけ。

意外にカレーとテンペは合いますよ。

ねっ、簡単でしょ~。

テンペ好きの方、どうぞお試し下さい。

お腹をこわしたばかりの私はこれらをつまみに

アラックでしっかりと胃腸を消毒させて頂きました。

| コメント (6)

2006年11月 5日 (日)

ちょっとした冒険心が・・・

(お食事中の方、食後に読んでね!)

この1週間は体調不良でした。

偏頭痛が治まったかと思ったら、私がバリに来て2度目の大下痢。

ある日の夜、マデと子供たちで「Niman-Ya」ショップに遊びに行った

帰り、今日はもう遅いし何かブンクス(テイクアウト)して

家で食べようということになりました。

私たちはいつも、ナシチャンプルだったらこのお店、

サテだったらあのお店という風にだいたい買うお店が決まっているのですが

その日に限って今日は違った所で買ってみようかと冒険心が湧き

買ったことのないワルンでナシチャンプルを購入。

夫マデがこのワルンは僕の友達がおいしいって言ってたということで

ここで買うことに決めたのですが

いざ、マデがお店に入ってブンクスしてきたら「何かこのお店では

なかったみたい。」と不安そう。

私も「ん~、おいしいって言うわりには

何か人気もなくてはやってなさそうだなぁ。」と思ったのですが

「まぁ、いいやん。チョバチョバ。(試してみよ~!)」と

気を取り直し家で2人でモグモグ食べました。

味はまぁ、そんなにまずくもなかったです。

ところが翌朝

マデが「あっ、痛たた~っ。」とトイレに駆け込み。

出たと思ったらまた駆け込み。

私はそれを横目で見て「なんか、また外でコウモリとか変なもの

食べたんじゃないの~。」なんて笑っていたら・・・

その2、3時間後

「マデ~、はやくトイレから出てよ~。」と私もトイレに

駆け込むはめに。

それからはまるで、コントのように二人でトイレを出たり入ったり。

でも、さすがマデはバリっ腹。

ある程度、下痢で悪い菌を出したら、後はスッキリ顔。

私はこの日はろくにご飯も食べれず嘔吐と下痢を繰り返し

それは翌日まで続きました。

おかげで体重が2キロも減りました。

(イエ~イ!って喜んでる場合じゃない)

もうたまりませんでしたヨ。

皆さんも、あまりはやってなさそうなワルンは(しかも夜で

作りおきのものなど)避けたほうがいいですよ、、

もうトホホな1週間でした。

が、しかし本日大復活致しましたので大丈夫です。

お蔭様でというか残念ながら体重もあっという間に戻りました。

おっ、そとはものすごい雨が降っています。

これぞ雨季の雨って感じの激しい雨です。

では、雨音をミュージックに寝ます。

おやすみなさい。

| コメント (3)

2006年11月 1日 (水)

それがあなたのいいところ♪(今日はのろけ)

ここのところブログの更新が途切れがち・・・

というのも新規にホームページを作り直していて

それに手こずっています。

いつもお世話になっているパソコンの師匠Mさんが一時帰国されているので

自力で頑張っているのですがチンプンカンプン。

でもやったるで~!!

トランブランからコテージ観光案内(お車チャーター)、

Niman-Ya」(ウブド店)、ネットショプと運営できるように

計画中です。

きっと仕上がりは来年に持ち越すでしょうが楽しみに

お待ち下さい。そしてどうぞよろしくお願い致します。

こうやって何かに没頭するとついつい「あっ、もうこんな時間」と

なってしまい、疲れきってしまって「マデ~、今日のおかず簡単なのでいい~?」となってしまいます。

このような場で自分の夫を褒めるのはおかしいですが

結婚してこの約5年1度も私が出すおかずに対して文句を

言われた事がありません。

料理が趣味の夫は、もちろん「これちょっと味が薄いね。」とか

「甘すぎる。」等という私が作るものに対しての味の指摘はありますが

「ちぇ、今日のおかずはこれだけ~。」とか「またこれ~!」とか

料理の内容や種類に対してはないのです。

大げさに言うと目玉焼きひとつでも黙って食べるし

足りなければ自分で野菜を炒めたりしています。

(かと言っていつもこんな料理を出しているわけではないので

誤解しないでね~。)

これは主婦としてはたいそうありがたいことです。

マデが小腹がすいて、私がラーメンなどを作ってあげた場合

「わ~、ナオミ。野菜までわざわざ切って入れてくれてありがとう。」

と言ってくれたりもします。このくらいのことで労をねぎらわれたら

言われた方も「ヨシ!今度は卵もハムも入れてあげるよ!」ていう

気になりますよね。

もしかしてマデって褒め上手??

Made

感謝の気持ちを言葉で伝える事の大切さはマデが気付かせて

くれました。

あ~、今日はちょっとのろけてますか??

ところでバリと日本の習慣の違いですが

例えば日本ではよそ様から頂いたご飯は残さず食べるのが

「おいしゅうございました。」という証でもあり礼儀のような

捉え方ですが

バリでは、米粒一つ残さず食べると(よそのお宅で)

「あ~、この人は飢えてるのね~。」という捉え方をされると

恥ずかしいので一口、二口分は残すのが一般的なようです。

| コメント (6)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »