« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月27日 (水)

これが海だよ~。

「うみはひろいな おおきいな つきはのぼるし ひはしずむ~」

娘のエリナが最初に覚えた唄が「うみ」でした。

エリナはバリ島に住んでいながら、まだバリの海に行ったことがなく

日本里帰り中に見た海の記憶しか残っていません。

でも2歳の記憶なので海=水がいっぱいあるというイメージです。

先日、家の周りの田んぼに田植えで一面水をはっている風景を見て

「ママ、海だね。きれいね~。」と言われて

これは本当の海を早く見せてあげなければということで

25日のクリスマスに年末の忙しい合間をぬってクタの海へ

行きました。

ウブドからもっと近い海もあったのですが

25日でしょ!クリスマスでしょ!行きましょうよ、クタまで!

海も見えてショピングも楽しめる所といったら

ディスカバリーモールがオススメです。

あ~、田んぼの中の生活の私にとってはクタはとても刺激的(笑)。

Umi
(おお~!これが海かぁ。大きいな~。)

まず最初にビーチへ出てエリナと裸足になって海水につかる。

エリナは大きな波を目を見開いて見つめていました。

最初は怖がっていたものの、しだいに慣れてきて終いにはビーチから

離れたくないとダダをこねられここで夫マデと交代。

私はきららを連れてショッピング。(見るだけだけどね。。)

さすがにディスカバリーモールはクリスマスムードいっぱいで

サンタクロースが風船を配っていたり、店員も赤い帽子を

被っていて店内放送もひっきりなしにクリスマスメドレー♪

なんだかそれだけで久し振りに味わうワクワク感。

バリだけどバリではない世界でした。

帰路、ウブドに近づくに連れて

街が村になりだんだん静かになっていく。

デンパサールを抜けた途端

そこはもうクリスマスのクの字もなくなっていました。

あれは夢だったのか!と思わせるほど。

と、同時にいつも揺るがず変わらずにいる

バリヒンドゥーの村がかっこよくも感じるのでした。

| コメント (8)

2006年12月20日 (水)

私のお気に入りバリ生活商品

日本は日ごとに寒さが本格的になってきた頃でしょうが

こちらバリは夏真っ只中で(1年の中でも12~2月は特に暑い、、)

ここ最近はもっぱら水シャワーです。

今日は私のちょっとしたお気に入りを3つご紹介させていただきます。

まずバリのリピーターさんの中でも割りとファンが多い

柔軟材「molto」です。

バリでは本当にアロマが充実していて香りの幅も広いのです。

スーパーの柔軟材コーナーに行かれたら、あまりもの多い香りの

種類にきっとビックリされることと思います。

molto」とは柔軟材のメーカーで、私はいつもピンクのパッケージを

使っていたのですが、最近あれこれ他の香りも試してみて

良かったのがコレです。
Kaori1

Mango and Sitras マンゴ&シトラス オレンジパッケージ
 RP6000=約78円)

例えるならこれぞまさに南国の香りといった感じです。

「molto」ファンの方、どうぞお試し下さい。

写真は900mlで、ちょっとお持ち帰りには重いかもしれませんが

これより小さいサイズもあったし、1回使い切りタイプというのも

ありました。

初めて、お聞きになる方はどうしてわざわざ柔軟材を持って帰るのかと

お思いでしょうが、バリ島ファンの方々は日本でも香りでバリを

思い出し、癒されてるんですよ♪

さて、次はコレです。

Kaori2

(スミマセン、値段忘れましたが50円くらい。)

こちらもアロマになりますが知る人ぞ知る「Citra」(メーカー)です。

写真はBENGKOANG(バンクアン)と言って特に美白に

いいらしですヨ。種類はいろいろあります。

ボトルの裏にはこのクリームを6週間使えばあなたのお肌はだんだん

白くなると書いてあります。(笑)

バリの女性も白は美への憧れでもあります。

お風呂の後に塗るボディクリームです。(顔もOKですが

お肌の弱い方はヤメたほうがいいかもしれません。)

乾燥する日本の冬のお肌にいかがですか?

日本の方々にとってはそう高いお値段ではないと思いますので

ケチらず塗りまくれていいかも(笑)

私は香りも品が良くお気に入りです。

ヒミツだけれどマデも時々使っています。(ヒミツですよ。) 

お次はコレ!
Kaori3

Kare 水色袋=ビーフカレー味 黄色袋=チキンカレー味

 しかし、日本のそのカレーとは味が違います。

 RP1050=約14円)

せっかく持って帰られるなら日本では味わえないようなものが

いいですよね!

これはビーフンのスープですがおいしいですよ。

エスニックファンには持って来いです。

日本の即席ラーメンと同じような作り方でOKです。

好みの野菜とタマゴ、ハムでものせれば上等です♪

お土産にも喜ばれるかも!しかも軽いし。(50グラム)

同じタイプでラーメンもあります。Kareというロゴの下に

Bihunと書いてありますのでお間違いなく。

どれも人気商品なので、ほとんどのスーパーで販売されていると

思います。
お土産のご参考までに・・・

| コメント (15)

2006年12月18日 (月)

クリスマスの思い出

12月は一番日本での思い出がよみがえってくる時期です。
(木村さん、懐かしい数々のお写真ありがとうございました!)

師走で忙しいながらも、街はクリスマスのイルミネーションや

その後はお正月ムード。

日本のデパートをはじめサービス業はスバラシイですね。

25日のクリスマスまでガンガンにクリスマスモードなのに

26日からは、昨日のクリスマスの盛り上がりが嘘のように

ガラッとお正月モードに街が変わってしまうでしょ。

夜な夜な頑張っている方たちのおかげです。

バリでは観光客向けの所に気持ち程度にクリスマスツリーが

飾ってありますが、それもしつこく年明けまでそのままにしています。(笑)

多分、せっかく飾ったのにもったいないからもう少し飾っとこう~

っていうノリでしょう。

そもそも自分たちの宗教を重んじるバリ人たちは

クリスマスなんてちっとも頭になく、何をそんなに

盛り上がっているんだろうといった感じです。

確かにそれはそうなんだけれど・・・・

クリスマスというとケーキやフライドチキン食べて

サンタが家にやって来るんだもん。(私の中では・・・)

子供の頃はクリスマス会して、プレゼント交換して

夜は枕元にサンタさんがプレゼントを置いてくれる。

毎年、絶対起きてサンタさんに会うんだと頑張るのだけれど

いつも寝てしまう、、みたいな環境でそだった私はいまだに

この時期が来るとこの思い出に浸ってしまいます。

小さい頃の思い出って大事ですね。

私は娘たちにどうしよう?

と言うよりここはバリだからうちの家庭だけクリスマスで盛り上がっても

な~。子供たちがとまどうかしら?

「ママ、ひとりで喜んで何やってるの?」と・・・

ちなみに、昨年はご近所の日本人妻Rさんとフライドチキンとケーキを

一緒に作って食べました。(夫たちはもちろん不参加)

あっ、そうだ!

クリスマスはフライドチキンとケーキを食べる日にしようかな。

あれっ、もしかして私がただ自分の経験上、イベントごとに盛り上がりたい

だけ・・・(笑)

そもそも、クリスマスも宗教的行事できっと厳かなものなのでしょうが・・・

日本のじいじいとおーま(ばあばあとは言われたくないらしい)が

サンタのブーツ(お菓子が詰まっているやつ)を送ってくれたそうなので

今年はそれを飾ってケーキ食べよう!

娘たちよ、ママについておいで!

| コメント (7)

2006年12月13日 (水)

これからヨロシクね!

先日、我が家に新しい車が来ました。

いろいろ見てまわり、マデも私も「これがいい~!」と

思える車に出会ってその場で決めました。

私はあまり車には詳しくないのですが

TOYOTAの「AVANZA」という車です。

とにかくマデが嬉しそうで、

「クーラーの効きがすばらしい。」

「なおみ、パワーウィンドウだよ。」

「わぁ~、サイドミラーが電動だ!」などと感動しまくっています。

そういう車が自分の手元に来たことが感動のようです。

早朝から、毎日車を磨いています。

私はマデがそんな子供のように喜ぶ姿を見て心の中で

「かわいい。」とつぶやいています。(笑)

全然高級車ではないのですが

以前の車よりはレベルアップし、これからまた二人で頑張り

次にまたさらにレベルアップした車を買えたらいいなと

思います。

そのことをマデに言ったら

「あまり、いい車はいらないよ。傷つけたり、汚れたりしないかと

ハラハラしなければならないから。これで充分。」だそうです。

私は日本ではがんがん運転していた方ですが

バリでは全くしていません。

発進1分以内にバイク轢きそうなくらい、こちらのバイクの運転は

皆荒いですから怖いです。

これも慣れなんでしょうが勇気がない。

という訳で観光案内(お車チャーター)TBコテージの送迎は

この車で致します。
Kuruma2 Kuruma1

安全運転で参りま~す!

*おまけ

かわいいショットが撮れたので載せました。

親バカと思って見てやってください。(笑)

Nenne1 Nenne2
(こんな寝顔が見れるから、髪乱されても、ヨダレつけられても
汗まみれになって子育てできるのね、、)

| コメント (11)

2006年12月12日 (火)

告白します。

ちょっと早めの晩御飯を食べると、変な時間にお腹がすくもの。

今日は夕方5時に早々と食べたものだから、夜9時半頃小腹が

すいてきました。

いや~、言い訳させてもらうと授乳中はお腹がすくんですよ~。

授乳中は沢山食べてもそう太らないとよく聞きますが

限度を超えているのか私の場合着々と体重が増えています、、

あっ、ここで告白いたしますが

ホームページの「スタッフ紹介」のページに載せている

私の写真ですが・・・

実はあの写真はきららを妊娠中、かなりひどいつわりだった時で

1ヶ月間ろくに食事もとれず体重が10キロも減った当時のものです。

どの写真を載せるか、どれが一番細く見えるか少ない写真の中から

探し出した1枚です。(笑)

でも、ホームページをご覧になって下さった方が

実際に私に会った時に

「あれ、naomiさんってこんなに顔がでかかったっけ?」とか

「あれ、naomiさんって顎が2つだったっけ?」など

写真との大きなギャップを感じられてはと思いちょっと告白です。(爆)

それで話は戻りますが

そういう小腹がすいた時によく買うのが「ナシ・ジンゴ」です。

このナシ・ジンゴはナシチャンプルが少量タイプになったもの。

おかずの種類も少ないです。

ナシチャンプルほど食べれないけど、ちょっと何か食べたいという時に

持って来いです。

夜に売っている事が多く、別に店をかまえるわけでなく

道路沿いに小さな机とイスを設置し、売り手はイスに座り

ナシ・ジンゴを入れたカゴを机に上に置いて売っています。

バリ人は結構これを利用しています。

ナシ・ジンゴが気になるあなた。

ご宿泊先のスタッフやバリに住む友人・知人に

「ナシ・ジンゴが食べたい。」とおっしゃってみて下さい。

きっと、こんなローカルな食べ物を知っていることじたい

ビックリされるかも~。

ただし、お腹に自信のある方のみですよ♪

Jingo1 Jingo2

(ナシ・ジンゴ=RP1500=約19円
おかずはシンプルで鶏肉、焼きそばのみ。

サンバルもついていておいいしいヨ。手のひらにのる少量サイズ。
私は2ブンクスも食べちゃった~。だから太るのだよ~。)

| コメント (8)

2006年12月10日 (日)

ホームページをリニューアルしました!

只今、バリ時間の深夜2時半を回ったところです。

たった今、「トランブラン」のホームページをリニューアル致しました。

お時間のある時に是非ご覧下さいませ。

そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。

疲れきって頭が回らないので

今日は短めで終わります。

おやすみなさい。

| コメント (15)

2006年12月 8日 (金)

ツンツルテン♪

7日は次女きららのオトナンというバリの暦での誕生日でした。

そして、彼女は1歳にして出家しました。(笑)

バリでは男女ともこのオトナン(通常1オトン=生後6ヶ月)の

時に頭を丸めます。

最初は私は「女の子なのに~!?」とちょっと抵抗がありましたが

これは避けては通れない儀式のようで

「きららもまだ物心付いてないし、ここは暑い所で

坊主もさっぱりしていいかぁ。」と無理やり思うようにしました。

どうして、髪を剃るのかというと胎児の時から生えていた髪は

まだきれいなものではなく、この世に生まれてきてから生える髪を

きれいなものと捉えているそう。

だから不浄な髪を剃るまではお寺にも入れないそうです。

(これは夫マデ談なので、どこまで本当か分かりませんが)

きららのお昼ね中に、夫マデとメメと私の3人がかりで

髪を剃りました。

できあがりを見てなんとまぁツンツルテンの坊主頭を笑う私をよそに

マデとメメは「Cantik Sekali」(すごく、かわいい)と本気で

言っていました。その光景を見てまたおかしくて笑ってしまいました。

いやぁ、こりゃどう見てもかわいいとは・・・

皆さん、ツンツルテンのきららを見てみたいですか?

ではちょっとだけですよ。
Bouzu1
(断髪前)

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

Bouzu2

あっ、そこのあなた。パソコンの前で笑いましたね?

(注)ヤンキー赤ちゃんではありません。

でもね、きららがハイハイしているのを見て

電球がごそごそ動いているみたいで、

なんかこっけいでかわいくって

思わずツンツルテン頭に

チューしてしまいました。

| コメント (9)

2006年12月 3日 (日)

どこに行ったの~?

愛猫「さくら」がいなくなって10日間。

もともと、甘えん坊で1日とも家出をしたことがなかったので

10日も帰ってこないというのはおかしい。

日ごとに、もう戻ってこないなという確信が強くなり

涙が溢れる。

エリナが泣いている私を見て不思議そうにしているけれど

まだまだお前には分からないよね。

もちろん夫マデも「さくら」がいなくなったことに対して

痛くも痒くもなさそうで、バリ人には(全部ではないだろうけれど)

そういう感情がないと分かっていても寂しいな、、

ペットとして飼った動物には家族のように愛情が湧くのが

私たちの感覚。

でも、多くのバリ人は動物は動物。

動物が死んで泣くなんて信じられないよう。

動物に頬擦りしたり、話しかけている私を見て

近所のバリ人たちからおもしろそうに笑われたことがあります。

以前ペットの手術とか、お葬式とかあることを話したら

目をクリクリさせて驚いていました。

お国柄も環境も違うし、実際自分もバリに住んでみて

バリの人々が動物までいろいろ手を掛けれない状況も分かります。

でもね、きっと私はこれには慣れることができません。

夫マデも泣いて落ち込む私に何て言葉をかけて良いか分からなさそう

でしたが、だって悲しいんだもん。

「マデ、3年も一緒に生活したのに悲しくないの?寂しくないの?」

と聞いたら「全然」と申し訳なさそうでもハッキリとマデは答えました。

あ~、「さくら」。どこ行ったの~?

きっと彼氏でもできて逃避行したんだよね?

そう思うことにするね。元気でね。
Sakura

(私は絶対「さくら」のこと忘れないからね。)

| コメント (9)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »