« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

ラワールこそバリ料理!?

「Niman-Ya」の買い付けにスカワティへ行ってきました。

この商品はあそこ、あの商品はここと最近は買うお店も決まってきましたが

初めて行くお店は最初に言われる値段がちと高め。

そういう時は必殺なんちゃってバリ語を使うと一目置かれます。

買い付けをする時に英語やインドネシア語を話される方は

多いけれどバリ語を使う方は少ないと思います。

もちろん、私もバリ語は全くと言っていいほどできませんが

「シンケンケン」(大丈夫よ~)、「マトゥール・スクスモー」

(ありがとう。)などの

代表的なバリ語を筆頭に、確かメメ(義母)が使っていたなという

耳にするバリ語を意味もなく並べて喋ってみたりします。

そうすると喜んでくれるし、親近感を持ってくれて

結構値段が下がります。

買い付けをされている方はどうぞお試しあれ~。

帰り道、かわいい豚ちゃんの銅像を発見!

アレ、これ確かとらおさんのブログで説明があったところかな!?と

興味深々でナシバビ(豚のナシブンクス)を購入。

Babi2

お~、ラワールたっぷり。

これはバリ人喜びそう!

バリ島初心者の方はちょっとグロテスクに写るかもしれません。

おかずを一つ一つ「これ何かな~。」とじっくり見ながら

食べる料理ではないでしょう。

これぞ、まさに地元料理。

ラワールに興味のある方は試す価値ありです。

私は好きでした。

場所はちょっと説明しにくいのですが

とらおさんのお言葉を借りると

ウブドからバトゥアン・デンパサールに抜ける

裏道沿い(ロトゥンドゥ)にあります。

この今にも駆け出しそうなピンクの豚ちゃんが目印です!
Babi1

| コメント (5)

2007年1月29日 (月)

育てる

28日のバリ島ウブドは朝からすがすがしいお天気。
Sodatu1

しっとりした雨もいいけれど、やっぱりスカッとした晴天は

気分も爽やかになりいいなぁ。

ここのところ家のお庭では

以前タンポポさんに頂いた蘭の花が美しく咲き誇り

目を楽しませてくれています。

Sodatu3 Sodatu2

(左写真の手前と奥は同じ花に見えますが実は種類が違うそうです。

 ココポット(鉢)と一緒に写っているのが「ソニア」で

奥の丸い形の花が「アンナ」というそうです。

ん~、この美しいお花にピッタリの名前。)

雨季の激しいスコールに降られても

何も動じず逞しく咲き誇っている姿を見ると

なんだか励まされます。

動物にはよく名前をつけて呼びますが

植物にはなかなかしないもの。

でも、きっと「ソニア~」「アンナ~」と花にも話しかけてあげれば

より一層愛情が湧きそう♪

タンポポさんは「動物でも植物でも育てて、それらが成長していく

過程が好き。」とおっしゃっていました。

とても心に残るお言葉でした。

生き物を育てると言うことは(子育ても含めて)

時には自分が育てられたり、気付かされたり、教えられたり

共に成長していけることだと思います。

子供たちにも生き物を愛しむ心が育つように仕向けていきたいナ。

| コメント (4)

2007年1月27日 (土)

「漁師」

ウブドでも有名な日本食レストラン「漁師」に行ってきました。
Ryoahi1

(12:00am~23:00pm営業

 TEL:972192 ラヤ ウブド通り)

私は自宅に台所があるので作ろうと思えば日本食を作る事も

できますが、やはり人様に作っていただくのはおいしいでしょ~。

ましてやお寿司やおさしみなんて家でなかなか食べられないし。

以前から「漁師」にはよく行っていましたが

タンポポさんのブログを通して漁師で働いていらっしゃるkozueさんと

パソコン上だけどお話しする機会が持て

今回は同じくブログ仲間でもあるkanakoさんと一緒に行って

お食事はもちろんのことkozueさんとのお話も楽しませて頂きました。

いつも明るい笑顔で迎えてくださり

「今日はこんなお魚が入っていますよ。」とか

「オススメ料理は何です。」などと快く教えてくださるし

日本語が通じるのでいいでしょ~。

で、私はkozueさんオススメの「モヒート」というカクテルを

頂きました。

お~。さっぱりしていて私好み~♪
Ryoahi5
(ウオッカ+ミントの葉+たっぷりライム)

あまりにもおいしくて家でウオッカをアラックで代用して

真似して作ってみたけれど

なかなか同じ味にはならなかったです。(でも、おいしかった。)

たくさん食べて飲んで話して楽しい夜でした。
Ryoahi2 Ryoshi6_1
(左:おでん 日本で食べるおでんの味そのもので感動!

 右:スパイダーロール)

Ryoshi7 Ryoahi3

(左:クリームキャラメル

 右:こんなに幸せそうにパクパク食べていながら

   痩せる!などとふざけたことを言っているnaomiさん)

いつも周りでチョロチョロする2人娘がいないお食事だけでも

かなり幸せ気分。

たまにはこんな夜もいいでしょ~。

(お知らせ)

クーラーの効いた店内でお召し上がりになるのもいいですが

TBコテージでは「漁師」から配達していただく事もできます。

メニューも用意してございます。

「今日は外に出るのはきついな」という方はどうぞデリバリーサービスも

ご利用くださいませ。

| コメント (4)

2007年1月24日 (水)

Terima Kasih (ありがとう)

昨夜、日本から来ていた私の家族が帰国しました。
今、ちょっと寂しい気持ちと、無事に帰りホッした気持ちとで
なんだかボ~ッとしています。
家族がバリで皆揃ったのは結婚式以来で
実に楽しい10日間でした。

本当のことを言うと
昨年はいろいろと気持ちが揺らぐ1年でした。
ここバリで生きていくということ。
子供の成長過程や教育、医療面
テロ後のバリ島の状況にあわせて
私たち家族の将来、日本の両親の老後
いろいろなことが頭の中を駆け巡り考えさせられました。
私はこのままここバリ島にいるべきなのかと。

そして家族皆と再会できてようやく今の自分の気持ちが固まりました。
できる限りバリ島で頑張ってみようと。
今後はその時の状況や流れで決めていくという考えの下で
精一杯今を生きていこうと。

単純なのですが
家族の笑顔に触れ、励ましの言葉や愛情を受け
私の体の中にみるみるエネルギーが湧いてきました。

夫マデの家族も私の家族に会いに来てくれて
再会の時には手と手を取り合って喜んでいました。
メメ(義母)が早起きして私の大好物のナシクニンという
バリの料理を作って持ってきてくれて皆で食べました。
いつもよりおかずが多くデラックスでメメが私の家族のために
気合を入れて作ってくれたのが分かりました。
Terima1_1


「ありがとう。」しか話せないマデの家族と
「トゥリマカシ。」しか話せない私の家族。
この家族同士の直接の会話は「トゥリマカシ」と「ありがとう。」のみ。
でも、この言葉の中にはいろいろな意味が含まれているのです。

私の家族:「トゥリマカシ。」
    (いつも直美がお世話になりありがとう。これからも
    よろしくお願いします。)
マデの家族:「ありがとう。」
    (こちらこそ、わざわざバリまで来てくれてありがとう。
    皆元気ですか?)
私の家族:「トゥリマカシ。」
    (わざわざナシクニンまで作ってくれて嬉しいです。
     とてもおいしいわ。ありがとう。)
マデの家族:「ありがとう。」
    (それは良かった。日本のおかしもおいしいよ。
    お土産をありがとう。)

私の家族:「トゥリマカシ。」
    (それではお元気で。またお会いしましょうね。)
マデの家族:「ありがとう。」
    (日本は寒いでしょ。かわいそうに。
    皆さんこそお元気で。)

といった具合にお互いコレだけの言葉なのに気持ちは通じ合い
別れの時は母とメメは涙ぐんでいました。
私にとってはとても嬉しい光景でした。

今日は自分の周り全てのものに対して「トゥリマカシ」と
言いたい気分です。

Terima Kasih !!

| コメント (13)

2007年1月20日 (土)

誕生日の決心!

16日は3じゅうウン回目の私の誕生日でした。
気持ちは20歳の頃とちっとも変わっていないのに
歳は確実に増えていくのですね、、
私は歳相応の大人になっているのかしら・・・・

20代はあれこれかまわなくても
若さでそれだけでなんだかかわいらしい。
でも、30代ともなるとそうはいかない。
最近私は自分でもよ~~~く分かっていますが気が緩み
体重も増えました。化粧をバッチリするとか、キレイな服を着るとか
今の私の状況ではちょっと無理かもしれませんが
(鼻水ヨダレマンのちびっこ2人いるし・・・)
でも、自分なりにキレイでいられるよう少しは努力しよう!
もちろん内面的にもね!

ヨシ!まずはダイエットじゃ~。
だからあえて今日は今の自分の写真載せちゃいましょ~。
今後、決してつわり中の痩せてた写真でごまかせないように。(笑)
Ulangtahun1

年末のブログでは「あれっ、naomiさん、ちょっと痩せた?」と
思って頂けるように・・・・

いやいや、ちょと待って下さい。
今日本から私の家族が来ていて
毎日食べまくっていますのでダイエットは日本の家族が帰ってからね。
あ~、やっぱ痩せる日は遠いな・・・。


| コメント (8)

2007年1月13日 (土)

メメには内緒?

先日11日は次女きららのバリの暦での誕生日でした。(オトナン)

もちろん手作りケーキはありませんが

手作りのお供え物できららのこれからの健康を願い祝いました。

Oton1_2 Oton2

私の代わりにいつも笑顔で快くお供え物を作ってくれる

メメ(義母)に心から感謝しています。

メメは自分の子供の西暦の誕生日はひとつも覚えていませんが

このオトナンは孫の分までしっかり忘れずに覚えています。

メメの中ではバリカレンダーだけで充分なのです。

ちなみに私はもうすぐウン十ウン歳の誕生日。

夫マデとは3歳離れていますが(私が年上です。)

何故かメメは私の歳をマデより2つ下と思い込んでいるよう。

エヘヘ、ではお義母さん、それでいきましょうか?

バリではそう歳は関係ないからいいでしょ~。

ということで未だにメメには本当の歳を言えずにいます。

(というか言う気ナシよ~!)

| コメント (10)

2007年1月11日 (木)

ごほうびに・・・

お客様も一段落した今日はTBコテージを

常宿にして下さっている中村さんと

ごほうびにエステに行って来ました。

ここはhiromiさんやおたけさんから情報を得たお店で

「PERTENIN」と言います。
Per1 (JL.jatayu padang tegal UBUD )
                     TEL:972-834

私はバリの口コミ情報はこのお二人からゲットしています。

住んでる私よりいろいろお詳しいのです。

ここはお値段の割には設備がよく、清潔で感じのよいお店でした。
Per6 Per2
(室内:私はシングルでしたがカップル用のお部屋も
ゴージャスでした。サロンと紙パンツも貸してくれます。)

今日は1時間の「バリニーズマッサージ」(RP85,0001,133円)

をしましたが、ちょっとウトウトしていたら1時間なんてすぐ。

今度は2時間しちゃおうかな~。
Per4 Per3 Per5
(設備内の所々にはバリらしい演出が。)

ご一緒させていただいた中村さんは実年齢より随分お若く

パワフルな方で私もいつも圧倒されています。

私の母よりも年上の方なのにジェットスキーでブンブンされるのが

大好きでバリに来られた時は必ず楽しまれています。

ん~、私もこのパワーに負けてられないナ!
Per7
(ROXYのポロが似合う中村さん)

| コメント (10)

2007年1月10日 (水)

今年も語ります。(笑)

ここ数日お天気の良いバリ島ウブド。

連日TBコテージのレストランからはアグン山がきれいに

望めています。

Agun

こういう景色を見ると良い所に住まわせてもらっているのだなぁって

しみじみ感謝したくなります。

今年は

今ある自分の環境を満喫することと出会いを大切にする事

念頭に過ごしていきたいです。

それは沢山の友人・知人を作るということだけではなく

人から学べる所は学び反省すべきことは素直に反省できる人で

いれるように心がけたいという思いです。

ちょっと真面目すぎる内容になってしまいましたが

この年末年始たくさんの方々と接し、人の心に触れることが

できました。

バリ人にはバリ人の良さがもちろんありますが

同じ日本人と言う大きな枠組みの中での同じ価値観、

日本人ならではの細かい気配りの優しさや思いやり、

それをヒシヒシと感じる年末年始でした。

皆さんもきっと「今の日本は・・・」「日本人なんて・・・」と

思う時があるかもしれませんが(昔の私もそんな時がありました。)

いざ日本を離れてみると、その長所短所があるのはどこの国も同じだ

ということに気付きました。

私などはここでTBコテージのお客様をはじめ、バリを通して

出会う事のできた日本人の方々と接して「日本人はスバラシイ」と

自分が日本人である事に誇りさえ持つようになりました。

(あっ、またちょっと大げさ)

決してバリの人々がどうのこうのと言いたいわけではありません。

うまく言えませんが、日本人の優しさを優しさ、

そして日本人の思いやりを思いやりと感じることができるのは

私が日本人だからです。

夫マデがバリ人であることを誇りに思うように

私も日本人であることを誇りに思いたい。

それと同時にバリ人の考え方、文化、宗教を尊重し敬意をはらえるよう

(もちろんそんな簡単なことではありませんが・・・)

バリでそんな生き方ができることを目指します。

という訳で今年もnaomiワールド再開です(笑)♪

| コメント (9)

2007年1月 8日 (月)

今年もよろしくお願いします♪

2007年

 新年 おめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。
Sinnnenn

TBコテージの新年のお客様
(左:忍田さまご夫妻、石橋さまご夫妻&秀大くん、亜美ちゃん)
&トランブランスタッフ&マデファミリー


Sinnnenn2

(加奈子さん、きららを寝かしつけてくれました。)

皆様、今年はどのようなお正月を過ごされましたか?

私どもは新しい出会い、懐かしい出会いに恵まれて

とても充実した年末年始でした。

今年もブログで皆様にバリの風をお届けできるよう

張り切って頑張ります♪

2007年が皆様にとってハッピーな年でありますように・・・

| コメント (12)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »