« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

「良薬鼻に臭し」

私の夫マデは休日になると同世代の友人たちとよく狩に行きます。

時には、時にはこうもり、時には、時には大とかげ

狩をした後、男どもは、その日の獲物を自分たちでさばき

焼き鳥にしたりバーベキューにしたりしてアラック(バリのお酒)と

一緒に食べるそうです。

なんと原始的でなんと楽しそうなんでしょう。

こうもりや大とかげを食べるのかと思うとギョッとされる方も

いらっしゃると思いますが

こうもりのお肉は貧血気味の人に、大とかげのお肉は皮膚病でかゆい症状の

にいいらしいです。

先日、友人たちと食事をしている時にこの話題になり

何でも
大とかげ(実際見た目はワニに近いです。)のお腹の中にある油
これまた皮膚病の方に最高に良いと言われているそう。

ただ1匹につき少ししか取れないそうです。

「エーッ、本当に効くの?」と夫に尋ねたら、

義妹が突然なった魚アレルギーが首のまわりにかなり出ていたのですが

コレできれいになったそうで、

友人の奥様も皮膚病にかかった時にこの油を塗ったらキレイに治ったそう。

私も10年前に腕に突然できた太陽アレルギーからの湿疹の後があるのですが

そこに塗ってみようかなと思いました。

ただ、その油がとてつもなく臭いらしい。

その話を聞いた数日後、夫の実家に行ったのですが

偶然にも大とかげの油が少しだけ瓶に残って

棚に置いてあったのを夫マデが発見。

おそるおそる私の患部に塗ってみました。

く、く、臭~い!!

これはスゴイ。強烈過ぎる。

何と言おうか、そう獣の臭い。

獣の油だから当たり前だけど、PCで臭いが送れるのなら皆様にも届けたい

くらい。(お断りですよね。)

翌日私の湿疹の赤みは多少薄くなっていました。

少量しかなかったので1回きりでしたが続けたらいいのかも。

すると昨日マデの友人から大とかげを収穫したから串焼きにしようと

電話がありいつもなら「また大とかげ~↓」とシラけていた私は

今日は「いってらっしゃい。しっかりさばいて油をとってきてね!」と

大手を振って友人の家に行くマデを見送りました。

そして今日からその油は熟成!?させています。

ちょっと寝かせた方がいいそうです。

臭い薬ですが「良薬 鼻に 臭し」ですね。

Img_2167_1
  (木に吊るして熟成中)

| コメント (7)

2007年9月28日 (金)

やっぱり甘くなくっちゃ!

南国らしいスカッとした暑さが続き、

ここ数週間はほとんど雨も降っていないバリ島ウブドです。

先日ビザの更新のためデンパサールのイミグレーションへ行きました。

今年の更新も滞りなく終わって良かった・・・

インドネシアのお役所関係は事がスムーズにいかないことが多くて

毎年ヒヤヒヤするんです。

しかし、デンパサールは暑い。

昼ごはんにワルンに入りラーメンやシュウマイを食べました。

ワルンにはたいてい手作りのサンバルが置いてあって、

それをお好みの量で自分の注文した料理にふりかけます。

    サンバル=唐辛子をはじめたくさんの香辛料を使って作ったソース

お店によってサンバルの味が違うので、それを食べ比べるのも

食いしん坊の私の楽しみのひとつです。

暑い時に辛いものを汗をかきながら食べるのは結構やみつきになります。

食べ物は辛いものも多いですがその辛さを和らげてくれるのが飲み物です。

そう、バリの飲み物はものすごく甘い。

砂糖どんだけ入ってるの~?という感じです。

私も最初はこの甘さに慣れず、「no sugar」と注文することが多かったのですが

今ではすっかりこの甘さが辛さと暑さを和らげてくれる存在です。

その甘あまデザートの代表的なデザートのひとつに「エスチャンプル」

あります。

Img_2158

タピオカやゼリー・寒天類、フルーツなども入っており、エスチャンプルは

インドネシアでは欠かせない存在です。

子供も大人も大好きです。


Img_2156
(デヘヘ、幸せ・・・)

市場やワルンなどにはたいていメニューにありますので

どんだけ甘いかお試し下さい。

意外においしいと思いますよ~。

私はこれを食べて過去にお腹を壊したことがありませんが

氷が入ってくることが多いのでお腹の弱い人は、お腹と相談してね☆

(お知らせ)

トランブランのNEWスタッフのご紹介です。

Img_2166

ウブド・デヴィシタ通りにある

2万ルピア均一ショップ「ニマンヤ」担当のスタッフカデです。

今年高校を卒業したばかりで、好奇心いっぱいの明るい女の子です。

どうぞよろしくお願いします。

| コメント (9)

2007年9月21日 (金)

こんなこともあるんだよ!

昨日スーパーマーケットに買い物に行ったらこんな状況にでくわしました。

買う物を選びレジに並んでいたら、隣のレジでざわざわもめている・・

外国人女性(仮名:ナンシー)がものすごく怒っている様子。

ナンシー: 「いったいどういうことよ! 私はキャンディーなんていらない             わ。」

レジ: 「スミマセン。100ルピアが今ないんです。

     キャンディーでもいいですか?」

ここでちょっとご説明しますとバリ島(インドネシアはみんなそうなのかな・・)

で、お買い物をし、おつりをもらう時100ルピアの代わりにキャンディ1

を渡されることがあります。

ナンシー「OH NO! 私はお金で払ったのよ。

     お金で払ったのだからお金で返してよ。」

レジ  「・・・」

そのレジのお姉さん、隣のレジの人にも100ルピアないか尋ねたけれど

ないようで、ずっと端のレジまで走って100ルピア数枚をもらってきていました。

レジのお姉さんが100ルピアのコインを渡すとプンプン怒って

受け取りナンシーは去っていきました。

ナンシーはきっと小銭をキャンディで渡すこともある

バリのスーパーのおつり制度を知らなかったのでしょう。

自分が外国人だから勝手なことをされたと思ったのかな・・・

あんなに怒らなくてもいいのに。

ここはあなたの国のやり方と違うこともあるんだよ。

ナンシーの後ろに並んでいたバリ人男性がレジの人に

「もう、俺の100ルピアやるから・・・」と呆れていました。

という訳で

おつりをお菓子で渡されるのは「エッ」とお思いでしょうが

これがバリのスーパーおつり制度ですのでびっくりされないように。

そして怒らないように・・・(笑)

100ルピアは日本円に換算すると1.円と25銭です。

「あら、バリにはマンゴ味のキャンディがあるのね。」なんて楽しんだ方が

気分がいいですよね♪

Img_0994

(ナンシー、どうしてそんなに怒ってるの??)

| コメント (9)

2007年9月17日 (月)

サマサマの生き方

日ごとに乾季独特の朝夕の寒さも和らいできました。

先日は次女きららのディナンでした。

ディナンとは35日に1度やってくるもので、
バリ暦のミニ誕生日とでもいいましょうか・・

ディナンの日は生まれた時の曜日と日本で言えば干支のような日が

ちゃんと重なるようになっています。

いつもメメ(義母)がこの日を覚えてくれていてお供え物を作ってきてくれます。

35日に1回こんなにお供え物を作るのです。P8090068

これからも健康にスクスク育つことを祈ります。
P8090071  Kira

まだ、1歳のきららですがこの頃から右手を使う習慣を身につけていきます。

ただでさえお供え物作りで忙しくしているメメにいつも頼ってばかりで

申し訳なく、かと言って今はまだ自分で作ることもできず

「メメも大変だろうし、市場で売っているお供え物を買おうか?」

と以前、夫マデに相談したことがありました。

マデが「メメができるからやってあげてることだし頼っていいんだよ。

もしメメが何かできないことや人の手助けがいることがあれば

今度はナオミがナオミなりにできることをやってあげればいい。 

サマサマ(お互い様)で生きていけばいいんだよ。」と言いました。

結婚したばかりの頃は、

プライベートな領域に入ってこられることにも慣れてなく

「家は家のやり方があるんだしそこまで立ち入らないで」なんて

イライラしたり

「自分たちで解決するやり方だってあるはず」なんて

生意気なことばかり思っていた時もありました。

何でも「テリマカシ」(ありがとう。ありがたい。)という気持ちに変えれば

なんと気持ちよく、そして自分も楽なことだろうと気づき始めた今日この頃。

実際には全てのことに対してそう思えてるわけではありませんが

そう思える人になっていきたいです。

バリのサマサマ生活はこれからも続きます♪

さて、話はものすごく変わりますが

ここで9月のお客様であるcantaramieさんのご紹介♪Img_2114Mie

ダンスをこよなく愛し、写真の通り色白でとても美しい女性。

TBコテージの滞在中もマイミュージックを持参され練習されていました。

自分の好きなことをされている時って本当にキラキラ輝いてステキですよね。

我が家でもインド舞踊やベリーダンスを披露して下さいましたが

とっても華やかでセクシー。

夫マデも目が釘付けになって鼻の下をデレーンと伸ばしながら観ていました。

そんなmieさんが入っているダンスグループも参加されるイベントが

東京で行われるそうです。

イベント名 「ナマステ インディア」

場所    東京原宿駅近くの代々木公園
日付    9月29日・30日

ちなみにmieさんは30日の午後5時に「モヒニアッタム」を

踊られる予定です。

入場料は無料ですし、インドカレーの屋台やインド雑貨の露店なども

立ち並ぶそうです。

本場からボリウッドダンサーも参加されるそうです。楽しそうでしょ。

お時間のある方はどうぞ行かれてみてくださいね☆

Cantaramie)さんのグループのHPはこちらです。

http://fareeha.blog113.fc2.com/

どにかく美女揃い。うっとり。

皆生き生きしてダンスを踊っていらっしゃいます。

Mieさん頑張って下さいね!

| コメント (12)

2007年9月11日 (火)

トランブランコテージ大改革!

皆様こんにちは~!

只今トランブランコテージのホームページをリニューアル中です。

が、、まだ完了しておりません。

オープンした当初より庭の植物も成長しかなり雰囲気も変わりましたし

いろいろ写真を撮りなおしています。

ここで皆様にお知らせです。

この度トランブランコテージは大改革を行います。(大げさですが・・)

今までご利用いただいていたデラックスルームに冷房を取り付けました。

元々、当コテージは田んぼの中にあり、

お部屋の窓を開けると自然の風通りが良く心地よい環境なのですが

中には冷房を好まれるお客様ももちろんいらっしゃいますし、

よりたくさんのお客様に満足してお過ごしいただきたいと思います。

そして全室内に内線電話を取り付けました。

コテージ外へはかけれないのですが、

電話でスタッフと連絡が取れるようになり

雨の日、お疲れの時などには便利だと思います。

そして以上の内容を増やしたのにも関わらず一番の大改革は

ご宿泊料金大幅値下げを実行いたします!!

デラックスルーム 

  シングル: 1泊 $55→ $30

   ダブル: 1泊 $60→ $35

    

スタンダードルーム

  シングル: 1泊 $45→ $25

   ダブル: 1泊 $40→ $20

    それぞれ5%サービス料と10%税金が課税されます。

より多くのお客様が快適に満足してご滞在いただけますように

トランブランコテージスタッフはより精進してまいりたいと

思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

トランブランコテージのレストランから撮影した朝日を受けるアグン山です。

早朝の澄んだ空気の中、毅然と聳え立つアグン山は

手を合わせて拝みたくなるような美しさです。

(アグン山:バリ島で一番高い山です。)

P8080035

| コメント (11) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

ジンバランビーチへ行こう!

皆様、いかがお過ごしですか~?

私にとっての8月は嬉しい再会、新しい出会いなどがあり

とても充実した月でした。

さて、みどり&よっちゃん滞在記のジンバラン編がまだでしたので

書かせて頂きます。

クタからジンバランビーチへの移動は車で約30分です。

お時間のある方はジェングラケラミックの工房やウルワツ寺院へお立ち寄りに

なってみられるのもいいと思います。

ジンバランビーチ沿いに立ち並んでいるお店では

その日獲れた新鮮な魚介類を自分で選ぶことができ

その場でバーベキューにしてくれます。
Img_2055 P8100101
   夕方の風景             夜の風景


Img_2060 Img_2061
     (食べたい魚介類そして調理方法を選ぶことができます。)



Img_2073
        (魚は炭火焼)

Img_2071
(エビはチリソース味。ロブスターではございません、、)


Img_2072
 (イカは天ぷらとレモンガーリックソース味に・写真は天ぷら)

なんとも香ばしくておいしいこと!!

ジンバランビーチはお値段が高いというイメージをお持ちの方が

多いかと思いますが(確かにワルンに比べると高いですが)

ロブスターを食べられなければそう驚く金額にはなりません。

ちなみに私たちは大人4名と子供1名で

写真の内容プラスしてイカのレモンガーリックソースと

蟹のボイル1とご飯・カンクン野菜・ビール4,5本やワイングラス1杯で

合計1万円弱でした。

ロケーションが最高で海に沈む夕日を眺めながらお食事ができます。
Img_2068

この非日常的な夢のようなリゾート気分がいいんですよぉ。ねっ、エリナ!

お腹もいっぱいになり、気分良くウブドの村へ戻ったのでした。

ウブドの家に着くと庭でホタルがお出迎え・・・

ウブド・タガス村に住んで6年目、今は一番落ち着く私の場所となりました。

| コメント (10)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »