« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

バリ島トランブランコテージ1ヶ月休業のお知らせ

本日は皆様にお知らせがあります。

今春、家族揃っての帰国を予定しております。

トランブランコテージは小さな宿で家族とスタッフ2人で

運営しておりますので誠に勝手ながら

3月14日(金)~4月16日(水)

まで休業させて頂きます。

ご予約やお問い合わせのメールは休業中も受け付けております。

久しぶりに会える日本の家族や友人、

日本食も楽しみだし、お風呂にも肩までつかれるぞ。
桜も見れるかな!

博多弁だって使いまくりだ~。

想像すると嬉しくて顔がニヤけます。

バリに戻りましたら、ますますパワーアップして

頑張りますので今後ともどうぞよろしくお願い致します。

                 バリ島トランブランコテージ


Img_2414

(日本帰国も嬉しいけれどコテージから見えるこの景色が

きっとすぐに恋しくなるんだろうな・・・)

| コメント (13)

2008年1月23日 (水)

バリ島のガルンガン

23日はハリラヤガルンガンでした。

日本で言えば迎え盆にあたります。

朝からすがすがしいお天気で気持ちがいい~。

今日はバリ中がお香の匂いに包まれている感じです。

Img_2434


トランブランコテージ
のお客様方もお誘いして

夫マデの実家へ行きました。

この日は仕事のために実家を離れて暮らしているバリ人の多くも

家に帰って実家のお寺でお祈りします。

Img_2438Img_2439



お祈りをした後はバポッ(義父)が作った料理や

お供え物のお菓子・果物を頂きました。

あ~、やっぱりバポッの作った料理は最高においしい!
Img_2436


(左:豚肉とナンカの煮物
 右:ウルタンというバリ風ソーセージ)

一緒に行かれた竹森さんや裕輔さんものどかなバリの風景や

素朴な料理などにご満悦♪
Img_2437

(左: いつも陽気なマデおじさん
 中: 初海外、初バリでいきなりディープな体験をされた裕輔さん
 
右: いつもTBコテージに帰ってきてくださる竹森さん)

めったに訪れない日本人のお客様に

マデの家族も恥ずかしがりながらも興味津々で嬉しそう。

一緒に写真撮りましょうと言われたら嬉しそうに駆け寄ってきた

義父や義兄。

Img_2441



ガルンガンを家族全員で
そしてTBコテージのお客様と

笑顔で迎えられたことに感謝します。





 

| コメント (9)

2008年1月16日 (水)

おめでとう!私!

今日16日は私の誕生日でした。

ズバリ年女です。

あら、やだっ、24歳ではありませんよ。
(分かっとるわいという皆の声が聞こえる。。)

生んでくれた母や

周りの全てのものに改めて感謝するのはもちろんですが

ちょうど年女という節目ということもあり

今日は好きな音楽を聴きながら

自分の生きてきた36年間を振り返ってみました。

自分が20歳の社会人1年生の頃、

30歳の先輩を完全におばさんと捉えていた

そんな歳も気づけばもうとっくに過ぎていました。

いろいろな経験をさせてもらいここまで生きてきている。

結構頑張ってるじゃないか、私。

声に出して「頑張ってるね~,ナオミ。エライエライ。」と

自分を褒めてみた。

どうしてかな?こんなこと初めてしてみた。

あれっ、なんだかいい気持ち。

そうだ、誕生日は周りの人への感謝と共に

自分の頑張りを褒めたり認めたりするってのもいいな。

もう誕生ケーキはいらないかなって思っていたけれど

いやいや自分で自分のご褒美のために作るぞと

急きょケーキ作りに取りかかりました。

丁度庭に食べごろのマンゴが実っていたので

それを利用してマンゴケーキ。


B1

バリに住んでいるとあまり歳を意識して生活しないので

いつまでも心は若い気満々でこれからも生きていくぞ~!

結構熱くて、クサイ言葉を普通に発して、

マイペースで大食いでアホなことするのが好きで

第一印象と違う(多分)私ですがこれからもよろしくお願いします。

B2
(エリナ、私の誕生日なんですけど~。

 ロウソクの火を吹く気満々です。)

| コメント (21)

2008年1月14日 (月)

この愛があるから♪

日本の両親から小包が届きました。

郵便配達員さんが小包を抱えてやってくると、

子供たちも何かいいものが運ばれてきていることが

過去の経験からすでに分かっていて

エリナもきららも飛んだり跳ねたりして喜びを隠しきれない様子。

私も含めて3人とも期待満々で箱に顔を突っ込む。

ほとんどが孫のためのものだけれど

私も子供たちが喜ぶ顔を眺めるのがまた楽しい♪



E1


E2

中には大豆やひじき、乾燥わかめ、いりこ、小魚せんべいと

コテコテの健康食品が入っていて

お母さんの「ちゃんと栄養のあるもの取りなさい。」って

言う声が聞こえてきそう。

そんな私の体のこと考えてくれながら

母はこの箱に詰めてくれたんだろうなぁと

思うと涙がジワーッと浮かんできます。

こんな風に私の体のこと親身に考えてくれるのはやはり親だけだろう。

いつまでも私はあなたたちの子供なんだって安心できる。

本当にありがとう。

次々に箱の中の物を取り出していくと

珍しくセンスの良いモダンなお菓子が。

きっとこれは「お姉ちゃん、これおいしいけん、食べりぃ。」と

私の妹が気を利かせて入れてくれたんだろうと思いニヤける。

日本からの故郷小包には愛が一杯詰まっていて

私は愛されているんだって実感できる。

だから明日からもまた笑顔で生きるぞって思える。

「愛の宝箱」なんです。

お母さん、「豚骨ラーメン」はVERY GOOD!です。

さすが生粋の博多魂ですね(笑)

いつも本当にありがとうね。


Img_2410_1
(荷物開封で忙しいんですけど、なにか?)

| コメント (8)

2008年1月10日 (木)

今年も食べます(笑)

食べることが大好きな私。

毎年ながら今年こそは痩せるぞと言いながらなかなかですねぇ。。。

今年はドカ食いをやめて大人の女性らしく

おいしいものを少しずつ味わいながら楽しんで食べることに

しよう!

さて、前からウブドのラヤ通りにある「カフェ・モカ」が気になりつつ

行きそびれていましたが

昨年末に日本の地元から友人が遊びに来てくれたのを機に行ってきました。

Img_2372

(この看板が目印です)
ラヤ通りとハノマン通りがぶつかる角辺りに
あります。

この日はサラダとパスタを一つずつ注文し

シェアして食べました。

どう?大人な女性って感じでしょ(笑)

Img_2368

(プリマハムとグレープフルーツのサラダ)

サラダのお野菜がひとつひとつしっかり冷えていて感動。

Img_2369

サラダにはたっぷりパンがついてきます。

Img_2370

(マリナラのフィットチーネ)

ナニナニ?これはおいしいぞ~。

友人もなかなか日本でもこんなおいしいサラダとパスタに出会わないと

絶賛。

これは他の種類のものもおいしいだろうと

数日後また「カフェモカ」へ行きました。

Img_2375

(サーモンのサラダ)

うす切りサーモンのマリネが何層も重なり合ってでてきました。

Img_2374

(カルボナーラのフイットチーネ)

私がバリで食べた中でのNO1に輝くおいしさ。

あ~、思い出しただけでもヨダレが・・・

いや~、こういういおいいしいメニューに当たると嬉しいですね。

もし私が次にまたこのカフェを訪れるとしたら

プリマハムとグレープフルーツのサラダ

カルボナーラのフィットチーネで決まりです!!

ウブド在住の友人Mさんにこの話をしたら

Mさんはこの同じカフェで「キッシュ」を食べたら

誠に残念なお味だったそう。

そう、このお店がおいしいというよりも

このお店のコレがおいしいという感じで、

今年も食いしん坊naomi

皆様においしいと感じたメニューをご紹介できたらなと思います

| コメント (15)

2008年1月 7日 (月)

今年もよろしくお願いします

2008年

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

Img_2398 

(雲がかかっていますがコテージから見える早朝のアグン山)

今年もたくさんの出会いがありますように。

皆様が笑顔で穏やかな毎日を過ごせますように。

新年早々友人のhiromiさんからステキな言葉が届きました。

「しあわせは いつも じぶんのこころがきめる」相田みつを

今年の私のテーマは「心」にしよう。

熱く生きます!!

Img_2400

| コメント (18)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »