« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月14日 (水)

GWのバリ島ウブド食べ歩き情報!!

朝晩、めっきり涼しくなりました。

袖なしのものを着て寝ていたら寒くて目が覚める程です。

今日はGW中にお食事に行った際の

おいしい写真をご紹介します。

友人Kanakoさんがウブドへいらしゃったら必ず行くのが
「漁師」

ここの「シーフードサンバルマタ・サラダ」は絶品

Ryoshi_1

「サンバル・マタ」(生の赤たまねぎのサンバル)を
刺身用の魚に
合えたもの。
オイルはココナッツオイルを使っているそうです。

それにインドネシアのバジルとレモンを薬味に
サラダ仕立てになっています。

日本食とバリ料理をうまく組み合わせた一品です。

隠れメニューですので直接スタッフにご注文下さいね。
やみつきになります。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが「たん塩」もおいしかったぁ。

あー、また食べたくなってきたよぉ。

そして食後は(も)ビールやアラックを飲みながらまったりと過ごしました。

Ryoshi2_1

(左からアラック・サラック アラックトロピカーナ 
    アラックマンゴー

 全てkanakoさんの目の前に並んだのでした!笑)

この日はkanakoさんと共通の友人の故裕美さんの分も

ジョッキに並々ビンタンビールをそそぎ、一緒に乾杯しました。

だって、皆でグビグビ飲もうと約束してたもんね、裕美さん。

また同じくGW中にいらして下さった中村さんも

裕美さんの写真を持って来られ、

一緒に楽しめるようにお部屋に飾っていらっしゃいました。

裕美さんは皆の心の中で一緒にバリを楽しまれたことと思います。

さて、次に行ったお店はハノマン通りにある「KAFE
Cafe4

いつもこのお店の前を通る時、欧米人と思われるお客さんが

まったりくつろいでいる姿を良く見かけ気になっていました。

実際、とてもくつろげる雰囲気で、
ゆっくりと時間を過ごしたい方には
ピッタリ。

食べたメニューは

Cafe

(サーモンとアボガドのサラダ)




Cafe3

(ブリトー・中にご飯が入っていたヨ)



Cafe2

(チキンとルッコラのクリームパスタ)

このお店の3Fはヨガスタジオになっていて

YOGIメニューなどのヘルシーなメニューも多いそうです。

だからなのかお味はどれも薄味でした。

私は全てテーブルに設置されていた塩コショウを振って食べました。

「KAFE」はドリンクメニューの種類も豊富で

お散歩の途中に立ち寄られるのもいいと思います

| コメント (16)

2008年5月 8日 (木)

コレ、挑戦するしかない?

GWも終わり賑やかだった
トランブランコテージ

静かになり寂しくなりました。

トランブランコテージへおいでくださった方々

心よりありがとうございました。

トランブランコテージは

見渡す限りの田園風景に囲まれております。

その風景も時期折々で現在は水田の状態です。

青々とした稲の季節や、
収穫前の黄金色の季節も綺麗ですが

水田に青空や夕焼けが映り、
白鷺が水田に舞い降りてくる風景は

息を呑むほどの美しさです。

Img_2641

水田の季節、楽しめるのは風景だけではございません。

トランブランコテージではこんなオプションもございます!!

「田うなぎ獲りして食べようツアー☆」

日が暮れた午後7時ごろ、

コテージのスタッフのガイドと共に

田うなぎを探して捕ります。

ランプの灯を頼りに、田んぼのあぜ道を歩きながら

水田にニョロニョロといる田うなぎを

トングを使って素早くつかみます。

Img_2627 Img_2628


収穫した田うなぎはスタッフが調理し、召し上がって頂きます。

Img_2630

味付け衣を少しつけて素揚げにしただけなのにうなるおいしさ!

一緒に揚げたにんにくと一緒に和えて食べると

白ご飯にもビールにもぴったりです。

田うなぎは滋養強壮、貧血気味の方にも良いそうで

バリ人にとっても最高の食べ物なのです。

過去にもトランブランのお客様で

この田うなぎ獲りに挑戦された方はかなりいらっしゃいます。

以前、私も夫マデについて田うなぎ獲りに挑戦してみました。

ドンくさい私は田うなぎをあまりつかめませんでしたが

(そういう場合はスタッフが代わりに捕ってくれます。)

大きな夜空の下で田んぼを歩くという行為が

とても気持ちが良かったです

先日は友人のTさん方と夫マデで1時間程、

田うなぎ獲りに出かけたら大収穫!!

さて、この水田の時期にだけ体験できる

「田うなぎ獲り」をご宿泊の皆様も挑戦してみられませんか?

ご宿泊以外のお客様も参加OKです。(要予約)

用意するものは短パンだけです。

参加費用は収穫した田うなぎ料理と白ご飯付きで

お一人様Rp50,000(約578円)です。

詳しい内容をトランブランHPの方に近日中にUPしたいと思います。

この田うなぎ獲りは水田の時期でも

満月の日とその3日前後は

田うなぎが月光に隠れて出てこないそうなので
 
決行できません。

| コメント (20)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »