« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月12日 (木)

生ハイビスカスティーのお味は?

トランブランコテージの朝食に出すお皿には

その日咲いた鮮やかな花々を添えさせて頂いています。

特に良く登場するのはコテージ内に咲き乱れる赤いハイビスカスです。
P8070029

お客様の中には花を客室に持ち帰られたり

そのまま髪飾りや耳飾りをされて楽しまれる方もいらっしゃいます。

そして、こんな楽しみ方もあります

ハイビスカスの花の花粉の部分をとってよく洗いグラスに入れます。

Img_3314

そのグラスに熱湯を注ぎます。

赤色だったのが熱湯により色素が抜けてこんな色に

Img_3316

ところがこうやってレモンを絞ってグラスにたらすと

Img_3318

また鮮やかな赤色のティーに。

Img_3321

お好みでお砂糖をたすと甘酸っぱいハイビスカスティーの出来上がり

南国でそよ風に吹かれながら飲む

ハイビスカスティーはなかなかのものですよ。

飲まれてみたい方はサービスさせて頂きますので

お気軽にスタッフまでお申し付け下さいませ

| コメント (10)

2009年3月 4日 (水)

ウブドで魚貝類が食べたくなったら「漁師」

友人のこず重さんと知り合ったのは「漁師」という日本食レストラン。

ここでマネージャーとして勤務しています。

初めてお会いした時も明るい笑顔で娘のエリナやきららに声をかけてくれ

こず重さんの雰囲気が日本にいる私の親友を思い出させてくれ

懐かしい気持ちがしました。

そんな出会いから2年が経ち今では一緒に泣いたり笑ったり

私にとって、とても大切な存在の人となってくれました。

育児や家事から離れてパーッとしたい時は

おいしい日本食とこず重さんの笑顔を見によく「漁師」へ行きます。

特に魚貝類が食べたい時は私の欲求を充分に満たしてくれるのです。

先日も優しい(と言っておこう)夫マデが自宅で子守をしてくれ

私だけ優雅に「漁師」へ行きました。

言うまでもなく、まずはビンタンビール

スペシャルメニューにあった「あぶりしめさば」をおつまみに。

Img_3513

お、おいしい!!これは絶品☆

これもおいしいのよーとこず重さんが勧めてくれた

「ホタテのガーリックバターソース」

Img_3516

お、おいしい!!これも絶品☆

ビールのあてにもいいけれど白ご飯でも、もりもりいけそう。

どんだけ食べるの?という感じですが

「キスのフライ」

Img_3517

サクサクッとジューシーでバリの天然塩とレモンを絞って

頂きます。天ぷらにもできるそうです。

途中友人のY美さんやY子さんとも合流し

ワイワイガヤガヤ女だけの雑談会。

リフレッシュして自宅に戻ったのでした。

あー、おいしくて楽しかった

| コメント (20)

2009年3月 2日 (月)

必読!ついに「ウブド本」誕生です!

待ちに待ったバリ島ウブドの本が完成し

3月13日から書店に並ぶ予定だそうです!!


1094897971_104_2

「バリ島ウブド 楽園の散歩道」

ダイアモンド社 地球の歩き方jem stoneシリーズ

この1冊の本にウブドに関することがぎっしり書かれています。

写真も見ごたえのあるものに仕上がっているそうです。

ウブドがお好きな方、ご興味のある方には嬉しい本ですね。

ウブドのリピーターの皆様、

周りの方々に「どうしてそんなに同じ場所ばかり行くの?

ウブドのどういうところが好きなの?」と聞かれた経験は

ありませんか?(私はよくありました。)

そしてそんなウブドの良さを一言で言えないなどと

もどかしくなった時はありませんか?

そういう時はこの本を見せてあげるといいと思います

この本を創るための取材の一部を見せていただく機会があり

ただ単に情報だけを集めて書いているのではなく

実際に皆さんが汗水たらしながら足で動き、より深く調べ、

伝える側の方々がご自分の目と体と心を使って創り出している姿を

見て、私はこの本の誕生を心待ちにしていました。

「たとえ少しでもいいから、
ウブドの素顔を感じるきっかけを
作りたい。」

著者のそんな想いから生まれたこのウブド本。

是非お手にとってみて下さい。

Taka-changそしてこの本を誕生させて下さった方々に

感謝の気持ちを込めて

| コメント (16)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »