« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

今年もお世話になりました

                 Img_3336

今年も大変お世話になりました。

トランブランコテージスタッフ一同心より感謝申し上げます。

こうやってバリで元気に過ごせるのも

コテージにお客様が来てくださり

そしてスタッフ、マデが一生懸命、仕事をしてくれて
周りの家族や友人たちが支えてくれて

エリナやきららが私の周りでわらってくれるおかげです。

全てのものに感謝して今年を締めくくりたいと思います。

皆様もどうぞよいお年をお迎えくださいませ。

| コメント (7)

2009年12月29日 (火)

影武者でランチ

今年もあとわずかとなり、

日本のような年の瀬独特の活気はないけれど

やはりそれなりにいろいろと忙しい日々を過ごしています。

昨日は銀行に行くと長蛇の列。

自分の順番が来るまで1時間待ちました。

それでも今はバリの銀行も
日本のように整理番号券が配られるのでまだいいです。

数年前までは、そういうシステムもなかったので

お客さんは皆ズラリと横並び。

この人たち順番というものを知らないのかしらというくらい横入りされ、
中には後方から通帳をカウンターの銀行員に投げて横入りする人もいて
銀行に行くのがおっくうでした。

年末の用事をいろいろ済ませ、

久々に家族で外でご飯を食べようということになり

マデが影武者の天むすがいい!

じゃぁ私は味噌カツがいいわ!ということで即決まり。

影武者GO!

(プンゴセカン通り tel 973134 am11:00~pm11:00

影武者はお昼はお得なランチセットもあり

内容もボリューム満天。
現在の価格で
Rp42,000でランチメニューも豊富でオススメです。

Img_4210
(天むす なんでこんなにおいしいの~♪とマデ絶賛。
 ランチセットなのでこれに小鉢とお味噌汁、ご飯付きです。)



Img_4209
(味噌カツ なんでこんなにおいしいの~♪とnaomi絶賛。
 同じくランチセット。小鉢のきんぴらごぼうもおいしかった。)

子供たちは大好きな冷やし中華を注文しましたが

テーブルに届いたとたん、パクついたので写真はなしです

ここはやっぱり落ち着くな~。
Img_4204
(店内からはのどかな田園風景も楽しめます。)




Img_4203
(エコ活動のひとつ
 使用済みの電池や電球も収集して下さり
 そのカゴが設置されてありました。)

Bnr_eco
こちらのサイトも是非のぞいてみてくださいネ)

さぁ、今日は自分の体を癒しに友人のエネルギー施術を受け

家に帰ったら大掃除(いや小掃除?)して年越しに備えよう

| コメント (4)

2009年12月27日 (日)

スボラ人間が作った簡単パン

最近やっと雨季らしい天気になってきました。

11回はザーッとスコールが降ります。

この時期にバリ島へお越しの皆様は携帯用傘を持参されると

良いと思います。

が、場合によっては傘が何の役にも立たない程の激しい雨の

場合がございますのでそんな時は気長に雨宿りをしましょう

ところで、ここに何度も書かせて頂きましたが

私は大のパン好き人間。

ウブドにもカキアンベーカリーEPI BREADなどの
おいしいパン屋ができ、私のパン生活も充実してきました。

でもね、そう頻繁にパン屋でばかり買えないのが現状。

ベーカリーショップのパン1個の値段は
ナシチャンプルと変らないくらいかそれ以上。

パン1個なんて私はぺろりと食べちゃうし、

自分だけムシャムシャ食べるわけにもいかないから×4人分

パンの前でいろいろ考えて悩んだ挙句、
スーパーの食パンにすることが
ほとんど。

一応家計を預かる主婦ですしね

ある日、私はmixiのコミュでこんなものを発見!

「スボラ人間が作るデザートレシピ」

なんて素敵なタイトル。私にぴったりだわ!即入会。

そして期待通りスボラ人間用の簡単パンのレシピがありました。

なんとパンが作り始めて1時間以内で焼けると書いてあり

「まじ~」と半信半疑で作ってみたら

Img_4196_2

(ツナマヨパン)

すごい。簡単すぎて笑いが出るくらい。

しかも生地がふわふわして結構いける

もちろんカキアンやEPIのようなプロのお味ではありませんが

家で食べる分にはいいんじゃなーい。

嬉しすぎてこの日ご宿泊の お客様方にも
この焼きたてパンをお配りさせて頂きました。
Img_4192_3

お仕事が忙しい、家事に追われている、育児で時間がない

でも手作りパンが食べたーい(あっ私?)という方

下記のレシピをご参考に

〈材料〉(2人分) 

強力粉(100g) 
牛乳(75ml 
バター(小さじ2) 
塩小さじ(1/5) 
砂糖(大さじ1) 
ドライイースト(小さじ1) 
好みの具材(ウインナーやカマンベールチーズ、餡子がお勧め) 


作り方〉 

1、牛乳とバターをボウルに入れて電子レンジ[]で30秒加熱 

2、残りの材料をまぜまぜして丸める。 

3、丸めた生地をボウルに入れて電子レンジ[]で30秒加熱 

4、生地をもう一度練り直してラップ、固く絞った布巾の順にかけて
  10分ほど、寝かす..(私は30分寝かせました。)

5、生地を適当な大きさ(4~6個くらい)に切って形を整える。 

6、好みの具を中に入れて包む様に丸める 

7、電子レンジのオーブンを230℃にして約12分、後は待つだけ! 

8、チーン♪ できあがり!熱々を召し上がれ








| コメント (8)

2009年12月25日 (金)

友さーん!今年の気付きです。(長文)

「メリークリスマス」と今朝、夫マデに言ったら

「はーい!ありがとう」という
よく分からない返事がかえってきました。
おもしろい

今日は私が住んでいる村はガベン(お葬式)で朝から大忙し。

マデはとっとと近所の男衆と出かけていきました。

バリへお越しの方はバリ島のお葬式を見る機会があれば

是非ご覧になってほしいです。

日本の風習とは違い、まるでお祭りで賑やかです。

この世で修行を終えた魂を上の世界へ送り出す。

そう捉えたらその賑やかさも不思議ではありません。

私は何度見てもバリのお葬式には感動で鳥肌が立ちます。

今年は私の友人2人も修行を終えて上へと行かれた。

今年もあと6日。

起こった出来事を自分なりに考えました。


Img_3771



友さんもタクシくんも私にはない第6感というのでしょうか

普通見えない世界を感じれる人たちでした。

友さんに出会うまで私には縁のない世界で初対面の時は

ただただ「すごい!この人すごい!」と思いました。

でも友さんは

「それはそれで大変なんだよ。」とよく言われていました。

友さんは自分の持っている力を、惜しみなく周りの人々のために

使われていたその姿は本当に尊敬ものでした。

かと言って、普段は普通の人(当たり前だが)。

当たり前すぎて見逃しそうなことも彼は見逃さず楽しめる人。

11日を大切に過ごし、なんかこう周りを明るくさせてくれる人でした。

(たまにすごい緊張感を持たせる人でもあったが・・・)

友さんの死後、友人とこんな話しをしました。

例えばスピリチュアル系の人はある魂・エネルギーを形で見たり

メッセージが聞こえたり、映像で見たりするけれど

そうでない私たちにも5感というものが備わっている。

ある場所に行き単に

「わー、ここはとても気持ちがいい場所。懐かしい場所」とか

「なんかここは気持ちが悪いよね。」と感じることがある。
人それぞれ感じる手段は違っても、それは充分その場の
エネルギーを感じていることだよね。

そう考えれば私にもそのくらいの経験はある。

「わー、雨が降って乾いた緑が喜んでいるよう。」

「こんな所にゴミを捨てて、ここの土地が悲しんでみえるよ。」

「○ちゃんの声、嬉しそうだけどいいことあった?」

昨年、私がバトゥール山に登っている時

暑くて火照った体に風が吹いた。

「あー風が私の背中を押してくれている。」と思ったっけ。

本来私たちが持っている5感をもっともっと使えば

この宇宙のエネルギーとか生きる楽しみとか充分感じれるのだ!

今まで似たような体験談や話を友さんから
何度も聞いていたはずだけれどちゃんと気付けなかった。
今年の想像もしなかった彼らとの別れが心底私に実感させてくれた。
そんな当たり前のことにやっと気付けた時、私は大感動でした。

人生2倍楽しめると思えた。

友人とその話しをしていたカフェで思わず「そうだよね!」と
歓喜の声をあげてしまいました。

話はどんどん脱線しますが

友さんが触った後のパワーストーンは私にでも分かるくらい

すごく大きな波動を感じました。

しかし、夫マデは1度もその波動を感じたことがなく

「どうして僕だけいつも感じないのかなぁ。」と友さんに言いました。

友さんは笑いながら
「別に石の波動なんて感じれなくていいんだよ。

ほとんどの人はこうやって感じれるからこそ、
その確証があるから「やっぱり本当なんだ。すごい。」と信じれる。

でもマデは、そんな確証がなくても

宇宙のエネルギー的な仕組みとか祈ることの大切さとか

魂の存在とかちゃんと無条件に信じることができるでしょ。

僕はその方がすごいことだと心から思うよ」と言いました。

何を言いたいか分からなくなってきたけれど

私は5感をもっともっと使って生きていきたい。

宇宙の中で生きていることを感じたい。

人間や自然の愛を感じたい。

自分にできる愛を周りに与えたい。

それが私が友さんに出会った意味のひとつであり

彼が私達家族に与えてくれたものに対する
恩返しであると思っています。

| コメント (20)

2009年12月16日 (水)

悩むクリスマス

Img_3534



日本はクリスマスムード一色の時期だと思います。

バリ島も年々、クリスマスのデコレーションが目立つように

なってきました

あくまでも人の集まる所だけですが・・・

普通のバリ人の民家でクリスチャン以外はクリスマスツリーを

飾ることはもちろんなく、イヴもクリスマスも何事もなく

過ぎていきます。

バリヒンズーの方々にとっては当たり前と言えば当たり前のこと

なんですけれどね。

私も夫マデと結婚して最初の2年は無理やりクリスマスしていました。

自分が日本で過ごしてきたクリスマスの経験が

私をワクワクさせるのです

ケーキを買って、鶏の丸焼きグリルなんかも頑張って作ったりする
はりきりよう。ましてや新婚だったしね。

当時は子供もいなかったし、
マデも大人の私が何をそんなにはしゃいでいるのか分からないようで、
テンション低いというか至って普通に黙々とご飯を食べている。

いいのよ、いいんだけれどさっ」と私一人しらけてたっけなぁぁ。

「メリークリスマス」なんて言葉、
彼は生まれて一度も使ったことなどないだろうし仕方ない・・・

マデに「どうしてnaomiはクリスチャンでもないのに
ごちそうやクリスマスケーキ食べたがるの」と

素朴な質問をされ答えられなかった私。

そうやって年々、私もなんだか面倒くさくなりクリスマスは

何もしなくなりました。


そして、先日家族で外食したレストランに大きなクリスマスツリーが
飾ってありました。

ツリーのキラキラ電光がとてもきれいで
娘のエリナやきららは近くまで行き見とれていました。

「ママー、なんでおじいさんが木にぶらさがっているの?」

そうよね、そうよね。知らないよねサンタクロース。

幼稚園でも教えてくれないよね。

パパもママも教えてないよね。

子供たちも物心ついてきたしどうしようかなー。

今年のクリスマス。

日本のようにクリスマス一色ではないバリ。

というか我が村では関係ないモード一色。

悩むなー、クリスマス。

と言いつつ、クリスマスにのっかって何か楽しいことだけでも

したいと企んでいます。

| コメント (12)

2009年12月13日 (日)

やっぱり「アンカサ」でしょ♪

先日ご紹介した「ソーダ・グンビラ」は確かにおいしい。

でも、私が一番好きな飲み物はビールとそしてコーヒーです。

日常で一番多く飲むのはバリコピですが(これもおいしい)
何はともあれ人に入れていただいたコーヒーというのは何よりおいしい!!

最近「おいしい」と溜息を漏らしたコーヒーは

Img_4171

やっぱり「アンカサ」のコーヒーです。
(ウブド・モンキーフォレスト通り)

ここのアイスコーヒーは氷もコーヒーで作られているので

氷が解けてもコーヒーが薄くならない。嬉しい心使いですよね。

こういう、作り手が「おいしいコーヒーを飲んで頂きたい」と

思う気持ちがまたおいしさを増すと思います。

この日はこちらの味にも感動。
Img_4169

「明太カルボナーラ」

うまい!うますぎる~~~。

おいしいと有名なアンカサのカルボナーラを
今更ながら初めて食べて大感動。

バリでこんなおいしいパスタに出会えるとは。
博多明太育ちの私(何じゃそりゃ)を感動させてくれたパスタです。

トランブランコテージから「アンカサ」に行かれるお客様も多く

(当コテージからの送迎無料区域)
皆さんリピートしていらっしゃいます。

飲食するとパソコン持込でインターネットもできます。(WIFI)

また無料貸し出し本とDVDもご提供され

皆の憩いの場として愛されている「アンカサ」

お隣は「アパ情報センター」という日本語旅行案内所もあり

楽しいウブド滞在をお手伝いしてくれます。

ウブドへお越しの際は是非立ち寄られてみてくださいね。

| コメント (8)

2009年12月11日 (金)

暑い島の楽しいソーダ

今、雨季ですよね?と言いたくなるくらい

良いお天気が続いています。

洗濯物がよく乾くのは嬉しいけれど、ちょっと雨が恋しくなってきました。

でも雨が続くとやはり青い空が恋しくなるものですよね、、

一番恋しいのは白い雪だな~

こんな暑い日はビールもおいしいけれど

そう昼からグビグビ飲むわけにはいかない。(たまに飲んでるけど

暑い時は汗をかきながら辛い料理を食べると

不思議なもので食後には汗がスーッと引きます。

そして暑さにバテた体には辛い料理と甘い飲み物

これが最高のコンビネーション

私たち夫婦がビール以外でその店のメニューにあれば

よくオーダーするのがこちら

ソーダ グンビラ」訳して楽しいソーダ
Img_4183

バラ色(紅)シロップに練乳、そしてソーダウォーターを

混ぜたものですがこれがおいしい。

Img_4181_1 Img_4184

大抵ビールジョッキ並みの大きなグラスにつがれて出てきます。

辛い料理と交互に頂くにはピッタリのお味です。

洒落たレストランではあまり見かけず、地元のワルンなどの

メニューにあります。

バリにお越しの際は暑い島の楽しいソーダを是非お試し下さいね。



*ちなみにここはウブドのワルン「マンガ・マドゥです。」
Img_4185 Img_4187

(左*タフテンペラクサ           右*コロケ )

| コメント (14)

2009年12月 9日 (水)

バリ嫁としてバリで生活すること

暑い、とにかく暑い

じっとしていても汗がじわ~っと出てきます。

こんな暑い中、夫マデはゴトンヨロンで村の道工事にでかけました。

ゴトンヨロンとは相互扶助活動と言いますか

村人が共同で1つの目的に対して活動することです。

例えば、大雨で土砂崩れがあり、村の道がふさがったら

それはゴトンヨロンで土砂をとりのぞく作業だったり

週に1度の草むしりだったりです。

トランブランコテージが所在する小道(農道)は
まだ田舎道でガタゴトしています。

そこで今回、ゴトンヨロンでこの小道沿いに家を持つ人々で

セメント舗装工事をすることになりました。

これでバイクも車もスムーズに通ることができます。

費用も村人たちが少しずつ出し合って集めたものですので

業者などにお願いする予算もなく、
各家庭の男性陣が頑張ってくれています。

つくづくすごいなぁって思います。

村の人々の結束やおおげさに言えば共同生命体とでも言いましょうか

皆いざとなった状況の時は本当に助け合って生きていけるところです。

その代わり、自分だけ良ければみたいな傲慢なことはタブーで

下手したら村八分にされる要素だってあります。

バリで生活するってことは、
やはり地元の人々の文化や考え方を尊重し

(自分は自分の考えや、やり方を持ったうえで)

とにかく謙虚な気持ちを忘れてはいけないのだと実体験で思わされます。

ここで日本で培った価値観や、自分のやり方を通すのは時には苦しい。

自分にどんどんイライラとストレスがかかります。

それでもまだ「え~~~???」と思うことは時々あるけれど

全然イラッとこないと言えば嘘になるけれど

謙虚な気持ちを忘れなければなんとかなるだろう。

私は私らしく、うまくバリそしてこの村に馴染んで生きていけたら

と思います。

Img_3488
(同じ村、バンジャールの方の
 結婚式にお葬式、生後3ヶ月の儀式にゴトンヨロン
 オダランの準備。

 忙しかろうが多少きつかろうが皆集まりますよ~。
 これがバリ人の生き方ですから)

| コメント (6)

2009年12月 7日 (月)

アドゥ~これもまた気持ちいい~!

予定は未定のブラブラとした散歩は楽しいものです。

最近は子供たちも聞き訳が良くなり

数時間なら夫に子供を預けてフラッと散歩に出れるように

なりました。

以前は子供に気付かれないように隠れて出かけていたのですが

子供にとっては「親に騙された」という気になってあまりよくない

のではとアドバイスを頂き

それもそうだと子供に泣かれても正直に出かけることを告げて

行くようにしました。

最近はお土産を買ってくることを条件に

エリナもきららも手を振って私を見送ってくれます

この日はK子さんとランチにでかけ

お腹もいっぱいになり気持ちよくなって眠気がさしてきました。

あ~、このままマッサージでも受けて眠りたい・・・

丁度ランチをとった場所の近くに足ツボマッサージを発見

Img_4132 Img_4133
ウブド市場の正面入り口の道路を挟んで向かい側にあります。

(ラヤ・ウブド通り・デルタマートの横)

1時間でRp75,000ルピア(約77円)で足から肩・頭まで

がっつり揉んでもらえます。

気持ちよくて、軽くいびきまでかいて寝てしまった

いちいち服を脱がなくても良いのが気軽で散歩の途中には嬉しい。

Img_4129
(簡素ですが清潔感がありました。冷房完備)

こうやって私のへそくりはどんどん減っていきましたが

楽しくて気持ちよいのだからいいのだ~

またお仕事頑張るのだ~(と自分に言い聞かせる。)

ご機嫌で家に帰ったら

待ってましたと言わんばかりに今度は夫のマデが出かけていきました。

どこへやら

まっ、いいか~。

| コメント (8)

2009年12月 5日 (土)

気持ちの良い場所を見ーつけた♪

トランブランコテージは広い田園の中に建っています。

そこにポツリ、ポツリと民家が立ち並びとてものどかな所です。

そんな気持ちの良い場所に、最近新しいワルン(レストラン)が

オープンしました。

名前はsawah indah

Img_4155
am10:00~pm6:00
お客様の希望に応じて夜もお店を開けることができるそうです。

(テガス村にあります。)

トランブランコテージと同じ並びにあり、
徒歩3分の近距離にあります。

このお店は釣堀もあり

毎週日曜日は釣り大会も催されていて大賑わいです。

お店はなんとも素朴な造りで周りの風景に合っていて

それがまたホッとさせる。
Img_4158
Img_4162
Img_4154
Img_4157

ここは車もほとんど通らず、鳥の声や風の音に耳を澄まし

ヤシの木や広がる田園風景、そして広い空にゆっくりとした

時の流れを感じることができます。

お料理の方は

Img_4165
Gurami Goreng Rp35,000=約330円)
*魚の身がフワッとしておいしかったです。



Img_4163
Tumis Baby Buncis Rp7,000=約66円)
*お豆とサンバルマタを和えています

Img_4164
Tempe Penet  Rp5,000=約47円)
*テンペとサンバルを和えたものですが、おいしかったです。

 ごはんのおかずになるし、今度テイクアウトしようと思ったくらい。
 ただ辛めなので今度は唐辛子を少しにしてもらおう・・・)


Img_4167 Img_4166
udang pepes  Rp8,000          mie goreng Rp10,000

           約75円                     約94円

*エビの蒸し物                  *焼きソバ 辛くないので子供用 )

円表示は12月現在のレイト換算です。

全体的にやや辛めなので、辛いのが苦手な方は

ご注文の際は

「ティダッ プダス」(辛くないの)tidak pedas

「スディキッ プダス」(少しだけ辛め)sedikit pedas

などと言われたほうが良いと思います。

近所にこんな場所ができて嬉しいわ~。

ご宿泊のお客様も是非足を運ばれてみてくださいね。

(飲み物だけでもOKだそうです!

 ヤシの実ジュースもありましたよ)

| コメント (16)

2009年12月 4日 (金)

バリの朝

バリは朝が一番気持ちいい。

空気も澄んで風もひんやり私の頬をなでてくれる。

今は、毎朝元気に咲いてくれるロータスの花を見るのが楽しみ。

Img_4176

Img_4174

今日も暑くなりそうだけど元気に行こうか!って思う。

Img_4172

バリに来たら早起きして朝の心地よさを楽しみ

贅沢に昼寝をするのがいいと思う。

| コメント (10)

2009年12月 3日 (木)

バリでもドリしてます(超個人的趣味)

先日、ネットで購入した私が高校生から熱狂的ファンである

Dreams come true のライブDVDが手元に届きました。

昨夜は(も)、激しく興奮してドリしました

Img_3692
(今年10年ぶりにドリカムのライブへ)

結婚してバリに住むということになり

日本の実家からいろいろ思い出の品を運んできたかったのですが

それらを消去してもドリカムのCDDVDだけは1つ残らず
運んできました。

学生時代の恋多き時代はもちろんのこと

ここで暮らし始めてバリの文化にまだなじめなかった時も

マデとケンカした時も、孤独を感じた時も

寂しさに負けそうな時も

大げさでなく毎晩ドリカムの曲を聴いて乗り越えました。

結婚したばかりのある晩、ノリノリでDVDを観ながら

一緒に躍って拳を振り上げて歌っている私の姿を、
すでに床についていると思っていた

マデ(トイレに起きてきた)に見られ絶句されたことがありますが

今も尚、私のこの元気の出る儀式は変わりなくとり行われています。

今年の日本帰国にはドリカムの20周年記念ライブがあり

福岡3公演全制覇し、10年ぶりの念願のライブ参加に号泣する

ドリきちぶりでした。

まったく個人的内容で申し訳ないですが

今日も、明日も、5年後も10年後も

私はドリカムの歌に支えられるでしょう

ちなみにうちの娘たちはドリカムの吉田美和ちゃんのことを

「ママの美和ちゃん」と言い(わせて)ます。

私が今年1番聴いたお気に入りの曲はこれです


Photo

あの人にもあの人にもこの曲を贈りたい。

皆さんはどんなアーティストに元気をもらっているのかな~

| コメント (8)

2009年12月 2日 (水)

昼下がりのティータイム

さぁ、食のネタはまだまだ続きますよ~。

おかげでこの1週間で見事に体重増加

今月からダイエットだわー。(もう何百回目?)

前から気にはなっていてもなかなか入る機会のないお店は

ウブド内でもたくさんあります。

今日は1度食べてみたかった「KUE」というお店のデザート。
Img_4141
(ラヤ ウブド 通り)

以前、オーガニックマーケットの出店で食べたKUEのクロワッサンが

とてもおいしかったので期待大です。

2階がカフェスペースになっていてデザート以外にも

メインディッシュもいろいろありました。

友人がここのサンドウィッチがおいしかったと絶賛してたな~。

Img_4135

この日は食後ということもあり、1階のお店で好きなケーキを

選び、アイスカプチーノと頂きました。

Img_4138
(抹茶のケーキ:スポンジケーキもしっとりしておいしかったです。)


Img_4137
(エクレア:サイズは大きかったのですが

      大味だったかな~。)

2階のテラス席からはラヤウブド通りを見下ろせて

ウブドの町並みをボーッと眺めながらまったり過ごした幸せ時間でした

| コメント (6)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »