« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

おっ、こんなサービスが!

本日のトランブランコテージの朝食にはこんなサービスが

Img_4863

ヤシの実ジュースです。

バリ島ではこのヤシの実はとても重宝なもの。

ヤシの殻は食器洗い用のスポンジ代わりにもなるし

ある時はその殻を燃やし、厄除け(邪悪なものを払う)にも

使われます。

中の身は料理やお菓子に、また自家製ココナッツ油だってできます。

果汁は飲めるし、これは病人や妊婦にとっても良いそう。

赤ちゃんがツルツルきれいなお肌で生まれてくると言われています。

味は薄―いポカリスエット風って感じかな・・

トランブランコテージは小さなコテージですが

それを長所として、なるべくお客様のリスエストなどに

耳を傾けたいと思っております

本日のお客様にも、

コテージのお庭になっているヤシの実ジュースを
飲んでみたいというお言葉にサービスさせて頂きました。
Img_3244

お答えできないこともあるかもしれませんが

こんなことできるかなと思われたことは

スタッフや夫マデにご遠慮なくリクエストしてみてくださいね。

楽しく思いで深いご旅行になりますようにお手伝いさせて頂きます。

| コメント (8)

2010年7月28日 (水)

幸せの瞬間

気が付けば出産予定日まであと3ヶ月をきりました

バリで最初の子供を妊娠した時、

「出産は絶対日本よ!」と当然のように決めていました。

インドネシアには申し訳ないけれど

「ここでは産めない」と拒絶的でもありました。

しかし、国籍手続きの事、
夫と子供が誕生した喜びを分かち合えないこと

ありがたいことに妊娠過程が順調だったこと

いろいろなことを考えた結果バリ島(デンパサール)で出産し

続いて次女も同じパターンでした。

長女を出産してからも

「子供をインドネシアで育てて幸せになるのか。」

「教育や医療、環境上のことも考えたら日本の方が幸せでないのか。」と

私の中で迷いや不安が消えませんでした。

それから6

   ・

   ・

   ・

昨日はTAMANにあるSarina Warung縁日と題して

子供から大人まで集まりました。
ヨーヨー釣りやスイカ割り、そうめん流し、BBQ

全員が一緒になって楽しめた時間でした。

Img_4868
(そうめん流しを楽しむウブドに住む子供たち。
 竹の筒を半分に割ってそこにそうめんを流し込み

 風情たっぷり)



Img_4867
(楽しいね、おいしいね)

屈託のない子供たちの笑顔を見ていると

「あー、これでいいんだ」と改めて思える瞬間です。

子供を思う気持ちは世界共通。

今、思えば日本がいいとかバリ島がいいとか

それは私の価値観の中でのことであり

私の思う幸せが子供たちの幸せだとは限らない。

でも母親の私がどこにいてもその日その日を楽しみながら
ささやかな幸せをたくさん見つけていけば

少なくともその想いや姿が子供たちの目に映り
共感し合えるのではないかと思う今日この頃

これからもいろいろな迷いや不安が訪れるかもしれないけれど

この瞬間を大切に生きていきたいな。

3人目は?

もちろんバリ島で出産でございます~

| コメント (10)

2010年7月26日 (月)

楽しい夏休み&新学期

暑中お見舞い申し上げます

7月は日本は夏休みということもあり

今月のトランブランコテージのお客様の中には

お子様連れのご家族にもご利用いただきました。

丁度同じ日に3名のお子様が重なり

そしてエリナやきららも加わり大賑わい。

一緒にボールで遊んだり、お姉ちゃんに絵本を読んでもらったり

折り紙をして遊んだり日本の楽しい遊びをたくさん

教えていただきました。

子供って国籍も年齢も性別も何の隔たりもなく

すぐに打ち溶け合えるそんな微笑ましい光景を目にして

私たち親同士もなんだか温かい気持ちになりました。

またあるお客様は
日本からかき氷機といちご味の蜜、練乳ミルクまで

ご持参され子供たちに作ってくださいました

私も一緒に頂き、一口頬張ると何とも懐かしい味。
一瞬にして自分の子供時代の懐かしい夏の思い出が蘇りました。

あ~、ある意味故郷の味、祖国の味と言うのでしょうか(大げさ
Kくんのお父様お母様ありがとうございました。

かき氷機も大切に使わせて頂きます。

日本は猛暑続きとのこと

帰国されたお客様が「バリ島より暑いわよ~」と

言われていました。

皆様、元気に夏を乗り切ってください

(ちなみにバリ島ウブドは昨夜は大雨でした

Img_4853_1
(また遊ぼうね~!)

| コメント (14)

2010年7月 8日 (木)

バリ島ウブドからおはようございます

Img_4834

7時 トランブランコテージの朝食レストランから見た

朝日の風景です。

何もない所だけれど、だからこそ感じる自然のエネルギー

大きく深呼吸。あー、気持ちがいい

さぁ、今日も1日楽しく過ごそう

| コメント (10)

2010年7月 7日 (水)

自然のおやつ

インドネシアには「エス・ダルマン」というおやつがあります。

しかし、このエスダルマンは最近ウブドではあまり見かけなくなり

「食べる機会が減ったねー、あー食べたいね
と友人と話していたところ

側にいた夫マデが「僕の実家に材料があるよ」ということで
早速翌日作ることに。(マデがね

ダルマンとは葉っぱの名前です。
Img_4812 



これに飲料水と塩を入れ、手でひたすら揉み揉みします。

10分くらい。)
Img_4813



Img_4814

するととろりんとした液体になります。

これをこして余分な葉っぱの繊維を取り除きます。

1時間ほど置いておくと、あら不思議!

ダルマンがゼリー状に固まりました。

ゼラチンなどは全く入れておりません。


次はココナッツ。

Img_4816_2 Img_4815

こちらもマデの実家から頂きました。

これを香ばしくなるように少し火であぶり、

おろし金ですります。

飲料水を加え、こしてサンタン(ココナッツミルク)を
作ります。

自然から頂いたおやつの出来上がり!

Img_4818 Img_4819

下の茶色の部分はヤシ砂糖を溶かしたものにタピオカを混ぜたもの。

緑色がダルマンゼリー、白部分はココナッツミルク。

お味はもちろんおいしい!

洗練された味というより、自然の味を頂く感じです。

マデの小さい頃は、これを大量に作り

ニュピやガルンガンなどの時に
家族皆で食べるのが楽しみだったそうです。
こういう思い出があるって素敵ですよね

今度、我が家にもダルマンの木を植えること決定です

| コメント (12)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »