« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月

2015年3月24日 (火)

刺激が欲しいあなたへ

バリ人が食べる日常のご飯。
それはやはり辛いです。
スタッフが自分たち用に作る料理は私には辛い、辛い。

 
子供がいる家庭は料理とサンバル(辛み調味料)に分けて
食卓に並んでいます。
これは自分で辛さを調節できるので良いですよね。

私が初めてバリ島に長期で滞在した時は
辛いのもその地の旨さ!と張り切って地元料理を堪能していたので、
いきなり口内炎が一度に7つもできて大変な思いをしたことがあります。

とは言っても、今ではちょい辛くらいの刺激がないと物足りなくなってしまいました。
そんな時、友人から教えてもらったこの一品。
Img_1916_01
(Bon Cabe  唐辛子のふりかけみたいなもの)
只今長女のエリナと私はコレにはまり中。
唐辛子だけでなく、ニンニクやバワンメラなども混ざっており
ラーメンにもカレーにも唐揚げにも何でもふりかけて食べています。

たくさんかけると辛いですが2振りくらいだと、料理の味そのものも壊さずに
適度な辛さが楽しめていいです。

これよりさらに辛いバージョンは黒いパッケージで売られています。
でも写真のバージョンだけでも十分辛いです。

スーパーやコンビニ(私はインドマレットでよく買っています。)に並んでいますので
辛い物が好きな方へのお土産にもいいですよ。
お値段はRp10,000(約90円)前後です。


Img_1917
(ちなみに私の場合、お茶碗一杯にこの量で充分です。)

お試し下さいませ~

| コメント (2)

2015年3月17日 (火)

素敵な隠れヴィラでランチ

3月21日のニュピを控え、トランブランコテージの近辺も少しずつ活気が出始めてきました。

ブレガンジュール の練習の音がどこからともなく聴こえてきます。
この音を聴くと女性の私も血が騒ぎます(笑)。


さて、食べ物ネタが続きます。
私が最初にバリで出会いお世話になった日本人のしおりさんが携わっている
「The AULA Villa」 で週に1度(木曜日)こんな素敵なことをやっていらっしゃいます。


しおりさんは1990年代後半にかけて
「PUSPA&PEGGY CAFE」という日本食中心のお店を
経営していらっしゃいました。
家庭的な優しい味付けの料理で当時しおりさんの料理に
ほっとされた方も多いのではないでしょうか。
何と言っても私の夫マデと巡りあわせてくれたのも彼女なんです

そんなしおりさんの料理が素敵なヴィラの中で頂ける、「行くでしょ。そりゃ。」と
早速頂いてきました。

メニューは週替わりです。
Dscn1319

Dscn1326
(大阪風、惜しみなく紅ショウガ、青のり、削り節、ソースがかかっています。)
Dscn1323
(五目ほうとう 蓮根、サトイモ、しいたけ、大根など我が家の食卓には
ほとんど並ばない貴重な食材がたっぷり入っていました。ほうとうは
手作りでもっちりしていておいしかったです。)



Dscn1320
(かき揚げうどんのかき揚げ。サックサク。このかき揚げが4つもついてくる
太っ腹!!横に添えてある黒ゴマ入りの天然塩がこれまた美味。
ちゃんとすり鉢で作る手間がしおりさんの愛情料理の特徴です。
うどんも手打ち。)

普段は1泊$300以上する豪華ヴィラで泊まった気分になりながらの
ランチ。いいですよ~。
調子に乗って昼からご機嫌ビールを飲みました。

Dscn1327


日本食だけでなくインドネシアコース料理などもご用意できるそうです。
こちらのコースはオススメだそうですよ。(曜日限定なしの要予約)
ご興味のある方はInfo@baliaura.com 
にメールでお問い合わせ下さいね。(日本語OKです。)

| コメント (2)

2015年3月11日 (水)

バリ島ウブドのレストラン「Hujan Locale」

ウブド中心部にあるレストラン「Hujan Locale」に友人たちと行ってきました。

Dscn1314 Dscn1315



高級感がある落ち着いた雰囲気で一人では入りずらいかなと思っていたら
そうでもなく、お一人で来ている方もちらほらいらっしゃいました。

Dscn1301

いつもそうですがメニュー選びは迷います。真剣です(笑)
ここは英語表記のメニューでどんなものが出てくるか想像つかないという
楽しみもあります。

全体的にアジアンフージョン料理でした。


まずはドリンク。
この日は暑かったので皆ミント系のさっぱりしたジュースをオーダー。
Dscn1300
(パイナプルミント、ラズベリーミント、ココナッツミント)
おいしそうでしょ~、ジュースが来ただけでテンションが上がります


料理はこちら
Dscn1313
(私がオーダー。塩豚のラーメン。結構ボリュームがありました。)




Dscn1307
(友人がオーダー。鶏肉がのった麺。)



Dscn1306
(友人がオーダー。牛肉麺。ベトナム料理のアレンジだったかな。
味見させてもらったらこれが一番おいしかったです。)

Dscn1304
(3人でシェアした焼売。ソースの味が濃くて一緒に白ご飯かお酒のお供に
したい。)

これらのメニューで一人1500円でした。
現地滞在者にとっては結構良い値段ですが、こういう時間がまた生活の張りに
なったりします。
このお店「Hujian Locale」の詳しい情報はこちらをご参考にどうぞ
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g297701-d7379492-Reviews-Hujan_Locale-Ubud_Bali.html

| コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

自分で感じる癒し

Dscn1316_03

友人が連れて行ってくれた素朴で小さなワルン。
そこにはこんな景色が広がっていました。
もう「気持ちいいー。」の一言。
稲が風に揺れてサラサラと音を立て、重ねて風車がコロコロと鳴っている。
青空に鳥が飛びまわっていてバリ人の親子があぜ道を散歩している。
ここは天国かと思うほど穏やかな空間。
バリ島ウブドに癒されに行きたいと訪れる方も多くいらっしゃると思いますが
ウブドにはこのような景色がまだまだあります。

お時間に余裕のある方は
美しい、気持ち良いと感じた場所にゆっくり身を置くだけで
かなり癒されます。
自分で「感じる」ことがポイントです
何もしないで気持ち良い場所でぼーっとすること。
これも最高のウブドでの過ごし方です。

| コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

自然がお好きな方にお勧めの「トランブランコテージ」

3月に入り、雨期も終盤を思わせる何とも心地よい風が吹くように
なりました。

先日トランブランコテージ にご宿泊頂きましたHさまご夫妻に
「ここでの滞在はとても気持ちが良かったです。」と言って頂き
このようなお言葉は本当に胸にグッときます。

風、鳥の声、濃い緑や田山の風景、太陽や月のエネルギー、
そういう自然と共に過ごすことが「気持ち良い」と感じて頂けるよう
スタッフの思いやりのある対応と快適なお部屋でサポートすることが
私たちの目標です。
なのでこのようなお言葉を頂けると心から喜びが溢れてきます。

トランブランコテージはお土産物屋さんやレストラン街が立ち並んでいる
賑やかな場所ではないので、もし歩いてすぐにショッピングを楽しめる
環境にある宿を重視される方にはご満足いただけないかもしれません。

とは言いましても、ウブド繁華街(ウブド王宮界隈)への無料送迎を
1日2往復させて頂いております。
(渋滞にあわなければ車で10分ほどの距離です。)
繁華街からコテージに戻ってこられて「あー、やはりここはほっとする。」と
感じて頂ければ嬉しいな。

また最近はコテージ周辺(徒歩距離)でもおいしいお店が増えて
食も楽しめる環境になってきました。

今夏のご予約やお問い合わせも少しずつ入ってまいりました。
バリ島ウブドへご旅行計画中の皆様、是非トランブランコテージ を訪れて下さいませ

さて、今日はひな祭りですね。
娘が2人いるものの我が家はこれといって何も特別なことはしませんが
今日朝の市場でひし餅を連想させるバリのお菓子を買ってきました。

Dscn1296

Dscn1297

クエラピスというバリのお菓子で
もちもとっとした感触とほのかなココナッツ風味が美味。
ひな祭り以外の日もよく買って食べています(笑)

コテージの朝食にもコーヒーに添えて時々登場します。
(バリの生菓子を日替わりでお出ししています。)

Dscn1286_01_2

こちらは本日の朝食に含まれるフルーツの盛り合わせです。
今が旬のドラゴンフルーツやマンゴスチンもあります。
(他、バナナ、スイカ、パパイヤも)

雨期はフルーツが豊富でおいしいところが魅力です   

| コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »