« 日本帰国 | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

2015年12月18日 (金)

15年ぶりに

Ubud_01
(写真と文章は関係ありませんウブドをお散歩中に遭遇したバリ島のオダラン)
先日、娘がカレーを作ってくれました。

私が日本滞在中に娘たちができるようになったこと。
・洗濯を自分でできるようになった。
・料理を時々するようになった。

寂しい思いをさせたけど今回の留守番は娘たちの成長にもつながり
良かったな
さて、そのカレーを食べてたら口の中に違和感が、、、
何か石みたいなものがあるように感じる。

「ぎやぁぁぁ、銀歯が取れたー。」

何も硬いものを食べてないのに、多分銀歯を付けている接着剤が
老朽化して取れたのでしょう。

バリ島の歯医者ってどうなの!?って不安だったので結婚前に歯のケアは
全部日本の歯医者で済ませてきました。
しかし、銀歯が取れてはどうしようもないので実にバリ島15年在住にして
初めてのバリ島歯医者デビュー。

とはいっても子供たちの歯医者の付き添いに何度か行っていたので
歯医者事情は少しは認識していました。
今ではデンパサール辺りにはそれ相当の設備や技術のある歯医者もできていますが
お値段もそれなりに高い!
まぁとれた銀歯を付け直すくらいなので子供たちの行く近所の町医者でOK!
モンキーフォレスト通りのほぼウブド王宮近く辺りにこじんまりとした
歯医者があります。

日本の歯医者のようにクラッシック音楽などもちろんかかっておらず
田舎の診療所的な感じです。

私の前に治療していた10歳くらいの女の子。
虫歯の治療だったようですが付き添いが家族全員なのか4,5人来ていて
一緒に治療の様子を見守っていました。
これってバリ島でよくある光景で病院など行く時は、家族がぞろぞろついてきます。
医者も気が散らないのだろうかと思うけれど多分普通の状況なのでしょう。

でも微笑ましくて私は好きです。
えっ?はい、もちろん私にも優しいダーリンがついてきてくれましたよ。
ただ取れた銀歯を付け直す15分の治療でしたけど

« 日本帰国 | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。