2012年9月 1日 (土)

バリのビッグセレモニー「ガルンガン」

お久しぶりです!

 今日から9月ですね。
お陰様で7,8月は繁盛期で忙しく、つい先日はガルンガンというバリヒンズー教の
大きな祭礼行事がありました。

 毎回感心させられるのはバリの文化を子供から大人まで皆で参加し
大切にしていることです。

 

ガルンガンの日にむけて各家庭ではペンジョールというお飾りを作ります。
自分たちで「作る」というのがポイントです。
長ーい竹を買ってきてヤシの葉を中心とする葉や花、稲などを使い
皆器用に作っていくんです。
今でこそ普通の風景になっていますが、日本から嫁いできたばかりの頃は
「えーっ、自分たちで作るのー!!!」と驚きでした。

010_2
(子供たちも自然に参加したがります。)


012_1
(スタッフのコマンくんとペンジョールにつけるお飾りつくり。
こうやって年上の子が、下の子に伝承していきます。)



029_1
(竹に飾りを付けていきます。赤いのは花、薄茶で下に垂れているのは稲です。)


028
(1歳の直輝も一応参加しています。テンションも高めです。)



034_3_2
(門前に立てかけられたペンジョール。空に向かって立つペンジョール
とても美しいです。)

ガルンガンは日本でいうお盆のような行事で
このペンジョールを立てかけることによってご先祖様や神様を
我が敷地へお導き(お迎え)させて頂くと言われているそうです。

今回のガルンガンはTBコテージ のリピーターでいて下さる
矢島さんも一緒に過ごしました。
ペンジョール作りにも参加してくださいました。

Galungan
(マデの実家で一緒に記念撮影)

また次のガルンガンも皆元気に笑顔で迎えられますように

| コメント (4)